日本のChatGPTビジネス利用率は米国の7倍|LocoBeeトラベルチャンネル

株式会社MM総研は、日本と米国の企業および組織を対象に、ChatGPT の商用利用傾向に関する調査を実施しました。 同調査は、日本と米国の企業・団体の従業員1万3,814人(うち日本1万3,412人、米国402人)を対象に、5月24日から31日までオンラインアンケート形式で実施した。

ChatGPT使用率

したがって、日本でビジネスを行う場合には、

  • 7%が「利用する」と回答
  • 5% が利用を検討していると回答
  • 42% は知っていたが利用していないと回答
  • 46%が「知らない」と回答

一方、アメリカのビジネスでは、

  • 51%が「利用している」と回答
  • 18% が利用を検討していると回答
  • 23% は知っていたが利用したことはないと回答
  • 9%が「知らない」と回答

ChatGPT の使用率が高い職業

チャットGPT

この傾向はAI全般に共通しており、Stable DiffusionやDALL Eなどのビジョンシステムとそれ以外の分野では導入率に大きな差があると言われています。 この違いの原因は、運営の意識の違いと、有料アカウントやAPIなどのユーザー環境の整備の違いだろう。

属性別では、日本におけるChatGPTの利用率は従業員数の多い大企業や管理職・幹部層の利用率が高い。 部門別では、インフラストラクチャー、技術研究、情報通信の利用率が平均を上回っているが、卸売・小売業、行政、不動産の利用率は平均を下回っている。

日本や米国では、既存業務の効率化を目的とした用途が多く、日本ではテキスト生成、要約、校正・構造化、情報検索などの具体的な用途が多く挙げられています。 米国では、アイデア生成や自然言語エンコードなどの目的でも広く使用されています。

満足度

チャットGPT

仕上がりの満足度は10点満点中6~7点が一般的で、9割以上のユーザーが継続して使いたいと回答しています。 また、利用維持・拡大の課題をユーザーに聞いたところ、「回答精度」を挙げる人は5割未満で、正確な回答を求めていることがわかった。

同社は、利用率や頻度、問題意識などの結果から、ChatGPTトライアルの動きには日米の違いがあると分析した。 一方で、ITプロバイダーによる包括的なサポートや、既存製品をカバーするソリューション、今後進む大規模な各国語モデルの開発なども期待できます。

日本の専門家、ハッカーがChatGPT経由でマルウェアを作成していると警告

ソース: 株式会社MM総研

発売元: ロコビー

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です