日本の5つの最高の大学

東北大学は、タイムズ・ハイアー・エデュケーションが日本の教育会社ベネッセと協力して行った2022年の大学ランキングで1位にランクされています。

世界大学ランキングとは異なります タイムズハイアーエデュケーション(THE)、日本の大学ランキングは、研究データではなく、教育機関が学生に提供するものに重点を置いています。 したがって、学校は16の基準に基づいて評価され、リソース、コミットメント、結果(評判)、学習環境を含む4つのグループに分けられます。 結果は、上位5大学に次のものが含まれていることを示しています。

1.東北大学

学生数:17,409人

学生とスタッフの比率:11.8。

留学生の割合:12.1%。

1913年、東北は日本で初めて女子学生を受け入れる大学になりました。 また、日本で初めて留学生を受け入れる学校でもあります。

2009年、東北は国際的に高等教育を提供するために政府によって選ばれた13の学校の1つであり、主に英語で教えられる多くの学位プログラムを導入しました。

東北大学キャンパスの一角。 写真: 日本で最高のグローバル大学

2.東京大学

学生数:24,784人。

学生/従業員の比率:9.7。

留学生の割合:16.4%。

1877年に設立された東京大学は、日本で最初の国立大学でした。 大学は、10の学部、15の大学院、11の提携研究機関(先端科学技術研究センターを含む)、13のセンター、3つの主要図書館、3つの先端研究機関でコースを提供しています。

学生は、本郷、駒場、柏の3つの主要なキャンパス、および全国の関連キャンパスで教えられています。 学校のコース構成は少し異なります。 学生は、選択した専攻を勉強するために別の教育機関に転校する前に、最初の2年間はある教育機関で「リベラルアーツ」プログラムを完了します。

3.大阪大学

学生数:22,485人。

学生/従業員の比率:10.5。

留学生の割合:10%。

大阪大学は昨年から2位上昇して3位になりました。 1931年に設立されたこの学校は、日本を代表する大学の1つになりました。 大学は11の学部と16の大学院で構成されています。 大学には、6つの研究機関、4つの図書館、2つの教育病院もあります。

大阪は、日本で最も競争力のある大学の1つと見なされています。

=3。 東京工業大学

学生数:9,928人。

学生/従業員の比率:9.6。

留学生の割合:17.3%。

東京工業大学は、首都圏にある国立研究大学です。 それは国の科学技術の高等教育の最大の機関です。 大学は、40を超える学部と研究センターで構成される6つの学校で構成されています。

2000年のノーベル化学賞の共同受賞者である白川英樹が大学に通った。

5.京都大学

学生数:21,817名。

学生/スタッフの比率:9。

留学生の割合:10.6%。

京都大学には、吉田、宇治、桂に3つのキャンパスがあります。 日本で最も古い大学の1つであり、アジアで一貫して高いランクにあります。 大学には、10の学部、18の博士課程、13の研究機関、21の研究教育センターがあります。

京都大学には、11人のノーベル賞受賞者、2人のフィールズ賞受賞者、1人のガウス賞受賞者がいます。 当初、学校は法律、医学、科学、工学のトレーニングのみに焦点を当てていました。 その後、学校は図書館と病院を開設し、経済学、農業、人文科学の学部を設立しました。 最初の博士課程は20世紀半ばに生まれました。

ドゥオンタム (によると THE)。

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。