日本の高齢者の悲劇

井上侑は、2021年12月23日夜、警察署で母親と犯罪を犯した後、口論の末、「彼女はいつもイライラしていた」と告白した。

井上侑さん(57)は、82歳の母親が札幌市北区の自宅の床に動かずに横になるまで暴行したと主張した。 「母の話し方のせいで気が狂った」とユウは告白した。

これは、日本での高齢者虐待や虐待の珍しいケースではありません。 日本の厚生省が2021年12月下旬に行った調査によると、2020年に17,281人の高齢者が自分の家族に暴行され、25人が死亡した。 これはレコードと見なされます。

2100年には、日本人人口の約40%が65歳以上になると推定されています。 写真: ブルームバーグ。

オブザーバーによると、脆弱なグループに対する暴力は、欲求不満と病気への恐れのためにますます一般的になっています。 児童虐待や家庭内暴力も劇的に増加しています。

日本の人口は2010年に1億2,732万人でピークに達し、減少し始めています。 2100年には、国の人口の約40%が65歳以上になると推定されています。 人口の高齢化は、シンガポール、韓国、中国などの多くのアジア諸国が対処しなければならない状況でもあります。 日本だけでなく、高齢者虐待も増えています。

2021年12月22日、茨城県ひたちなか市の自宅で79歳の父親を殺害した容疑で碓氷宏が逮捕された。 犠牲者は近くの病院に運ばれましたが、2時間後に亡くなりました。 彼女の息子は警察の質問に答えることを拒否した。

10日前、兵庫県警は49歳の男性を自宅で88歳の母親を殺害したとして逮捕した。 容疑者は警察に「母親の死について何も覚えていなかった」と語った。

12月11日、東京の太田地区の警察は、「犯罪を犯した後に自殺する」と脅迫する60代の男性から電話を受けた。 その直後、警察は非高齢者の母親が自宅で重傷を負ったことを発見しました。 息子の遺体は線路の近くで発見された。

日本は2020年に記録的な数の高齢者虐待事件を記録しました。写真:AFP

日本は2020年に記録的な数の高齢者虐待事件を記録しました。写真: AFP

東京のカウンセリングサービスTellのディレクターであるVickieSkorjiは、次のように述べています。

発生により、人々は友人や家族に会ったり、オフィスの同僚と話したりするなどの通常のことを行うことができなくなりました。 その結果、多くの人々の寛容は消えました。

これに応えて、Tellカウンセリングサービスは、立ち往生していると感じる人々の回復力を構築し、高いストレスレベルを管理するのを助けることに焦点を当てています。

北海道文教大学の渡辺誠教授は、日本の弱者や弱者に対する暴力の増加は、近年のマイナスの変化の兆候であると述べた。

「以前は、文化や生活圏に関する知識があるため、特に農村部では高齢者がコミュニティの中心でした。しかし、誰もがGoogleで情報を検索できる場合、高齢者の価値はコミュニティにとって価値があります。削減されます」と渡辺氏は語った。

さらに、パンデミックはすべてを悪化させました。 多くの人は、仕事を失い、請求書を支払うことができず、病気になることでストレスを感じています。 友達との不安を和らげる必要すら満たされていません。

教授によると、失望は文化的価値観の侵食、親孝行の伝統、日本などの東アジア文化に深く根ざした高齢者への敬意にもあります。

「日本社会がテクノロジーを多用するにつれて、人々は徐々に自分の共感を失うのではないかと心配している」と渡辺氏は語った。

ミンフォン (SCMPによる)

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。