日本の首相は冬季オリンピックに出席しなかった、中国大使は懇願し、脅迫した| 北京冬季オリンピック| 外交ボイコット| 岸田文雄

[The Epoch Times, 16 décembre 2021](大紀元時報の徐建による完全な報告)日本が北京冬季オリンピックの「外交ボイコット」を実施していることは目を引く。 12月16日木曜日、岸田文雄首相は冬季オリンピックに出場する予定はないことを明らかにした。 駐日中国大使は一連の混合信号を送った。 一方で、彼は日本に冬季オリンピックを支援するよう要請した。 オリンピック、そしてその一方で、それは脅かされました。

ニュースを聞く:

(詳細については、「Listen to theEpoch」プラットフォームにアクセスしてください)

米国、英国、カナダ、オーストラリア、その他の国々が以前にCCPのオリンピックをボイコットしたとき、CCPの外国宣伝部門は、「これらの(外国の)政治家を招待したことはなく」、「感傷的で自己膨張した」と主張しました。 しかし今回は、CCPの日本駐在大使である孔鉉佑が日本に向かって叫び、外交的ボイコットの中で北京冬季オリンピックを「支援」するよう東京に促した。

日本の岸田文雄首相は、北京冬季オリンピックに出場するつもりはないと述べた、とジャパンタイムズは木曜日に報じたが、彼はまだ米国が指示する外交ボイコットに参加することを検討していると示唆している。 「国益に基づいて、さまざまな状況を総合的に検討し、タイムリーに判断する必要がある」と述べた。

中国の駐日大使であるコング・スアンヨウ氏は木曜日、北京冬季オリンピックは「政治的手段として使用され」、日本が冬季オリンピックを支援することを望んでいると述べた。 (中国共産党)オリンピック開催のために東京を支援した」と語った。 、日本は私たちが主催するオリンピックを親切に扱うべきだと思います。」

香港の発言は、日本の与党自由党(LPD)が北京オリンピックのボイコットを要求したときに出された。 コングはまた、日本の一部の人々が、中国共産党が新疆ウイグル自治区と香港で人権を侵害しているという「噂」を広めたと主張した。

しかし、台湾海峡問題を提起したとき、コングの口調は厳しくなった。 安倍晋三元首相は数日前、「台湾に何かがあるとすれば、日本にも何かがある」と述べ、北京を怒らせた。 挑発、そして私たちはそれを受け入れることができません。」コングは彼自身を呼びました。

これまでのところ、米国、オーストラリア、英国、カナダなどの国々はすべて、CCPによる人権侵害をめぐる北京冬季オリンピックの「外交的ボイコット」を開始しました。 一方、中国外務省は、「これらの人々が来るかどうかは誰も気にしない。 その一方で、彼は「断固として彼らに対抗するために」来ることができず、「彼らの悪行の代償を払うだろう」と脅迫している。

日本の「読売新聞」は12月11日、日本が2022年の北京冬季オリンピックの外交ボイコットに参加し、高官を派遣しないことを独占的に報じた。

ジャパンタイムズは、日本政府が東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の橋本聖子委員長を派遣するなど、さまざまな選択肢を検討していると述べた。

ボイス・オブ・アメリカは、東京国際大学の川崎真澄教授が、民主主義陣営と中国共産党を分断しようとして、CCPが「中国(CCP)が東京オリンピックを全面的に支援することを忘れないで」日本に圧力をかけ続けていると信じていると報じた。福田康夫元中国共産党首相と共産党を通じて岸田政権に圧力をかけている日本からの戦略。

日本の国際関係の専門家である謝文生は、日本は「中国共産党を取り巻く」ための中国共産党の画期的なポイントであると分析した。 CCPは言語に厳しいですが、国際情勢がますます不利になった場合でも、CCPは、冬季オリンピックをボイコットする国々のジレンマから抜け出すために日本に依存したいと考えています。

責任ある編集者:Lin Yan#

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。