日本の首相は、核兵器を米国と共有する提案に反対している

日本の岸田文雄首相。 写真:AFP

ブルームバーグ通信社によると、野党の国会議員は同日の国民議会で岸田首相と核兵器を共有する問題を提起した。 前日、安倍晋三前首相は、国連条約機構のメンバーと同じように、米国の同盟国と核兵器共有協定を結ぶべきだと提案した。北大西洋(NATO)。

これに対し、岸田氏は、「日本の非核化の3つの原則を支持する観点から、これは起こらないはずである。

これとは別に、林芳正外相はまた、日本政府は非核化の原則を変更する予定はないと述べた。

岸田文雄首相とその前任者である安倍晋三首相との間の亀裂は、東京がウクライナの発展と東アジアへの影響を注意深く監視しているときに起こります。

第二次世界大戦の終わりに広島と長崎の都市が原爆で破壊された後、日本は何十年もの間、核兵器廃絶のために積極的にキャンペーンを行ってきました。

核攻撃を受けた唯一の国である日本は、1967年に佐藤栄作将軍によって提案された、核兵器を所持しない、生産しない、使用を許可しないという3つの非核原則を公式に維持している。

日本の平和主義憲法の下で、国はその安全のためにアメリカの「核の傘」に大きく依存しています。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。