日本の電子商取引大手がビットコインを受け入れる

日本の大手電子商取引プラットフォームであるメルカリは、今年6月からビットコイン決済の受け入れを開始すると発表した。

日経新聞の報道によると、メルカリは今後、東京に拠点を置く仮想通貨子会社メルコインを通じてビットコイン決済取引を取り扱うことになる。

メルコインは受け取ったすべてのビットコインを円に換算します。つまり、買い手はビットコインで支払うことを選択できますが、供給者は金額を法定通貨で受け取ることになります。

2013 年に設立されたメルカリは、日本最大級の電子商取引プラットフォームの 1 つになりました。 同社は 2023 年 7 月に月間ユーザー数が合計 2,200 万人であると発表し、ヨーロッパを含む国際的に積極的に存在感を拡大しています。

最近、メルカリは仮想通貨取引サービス「Bring Bitcoin」など、一連の仮想通貨関連商品を導入した。

このサービスにより、ユーザーはプラットフォーム上の販売収益を使用してビットコインを売買できるようになります。

さらに、このプラットフォームには、メルカリが仮想通貨取引部門と組み合わせたロイヤルティポイントシステムが統合されており、これにより、メルカリユーザーは蓄積されたポイントをビットコインに交換できるようになります。

同社の発表によると、メルカリのビットコイン取引サービスは、開始からわずか7か月後の10月にユーザー100万人を突破した。

メルカリも昨年6月、暗号資産ユーザーの約80%が暗号資産取引の経験がないと発表した。

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です