日本の警官がベトナムに住むために仕事を辞めた

ハノイ「息子さん、もう一度考えてみてください」金谷まなぶさんの父親は、2016年に埼玉県刑事課長を辞任してベトナムに移住したことを知ったとき、語った。

「多くの人が私は頭がおかしいと言っています。家族を離れるときは表面的です。外国で安定した仕事をしています。私にとって、私が下すすべての決定は思慮深いものです」と、41歳のマナブは以下を読んで言いました。個人のページで共有したばかりのビデオで、過去5年間ベトナムに滞在するために仕事を辞めた理由について説明しています。

カネヤマナブ(ベトナムに来たとき、ホックと名付けられた)は埼玉県の3人兄弟の家族の末っ子で、父親は警官、母親はサラリーマンでした。 1993年に、彼は父親の右専攻で大学に入学しました。 卒業後、犯罪捜査局に勤務し、埼玉県でベトナム関連の事件を扱った。

金谷学氏は、2016年に埼玉県警察署長を務めました。写真: 提供される文字

彼の仕事をするために、2012年に、マナブは日本の警察に捧げられたプログラムの一部としてベトナム語を勉強するために割り当てられました。 英語に堪能なことで、彼は多くの事件を解決することができ、刑事部門の重要な地位に就くことができました。

「しかし、これは私が夢見ていた人生ではありません」とマナブは言いました。 彼の日本での生活は、激しい仕事と倦怠感の連続した日々です。 警官マナブは一晩中眠ることがなく、常に携帯電話を持って仕事の準備をしていました。

2014年、彼と何人かの同僚は、ハノイ工科大学でさらに2か月のベトナム語コースを受講しました。 ベトナムに来たときのマナブの第一印象は、明るい笑顔と人々の優しさです。 「コミュニケーションをとるとき、人々はいつも笑顔で話します。日本の厳しい表情ではなく、彼らの顔には幸せな表情があります」とマナブは言いました。

家に帰ると、ベトナムのイメージが頭の中で渦巻いていて、新しい土地にとどまるという意図が彼の中で復活し始めました。 その後、ツアーで10回ベトナムに行き、滞在期間がどんどん長くなっていきました。 マナブはもう日本に帰りたくなかった。

2016年、彼は同僚や家族を驚かせるために辞表を書きました。 「多くのボスは、私がより高い地位に就くと考えられようとしたときに失望を表明しましたが、私を「裏切り者」と呼んでも辞めました。そして私の両親は、辞めたいとさえ強く反対しました。」と彼は言います。 引退時、埼玉県警署長を務めていた。

数ヶ月後、彼は警察署で言語を教えていたベトナム人に支えられ、ハノイのソフトウェア技術会社で長期労働者としてベトナムに来る過程で彼を助けました。 主な仕事は、日本の顧客を翻訳してつなぐことです。

彼が彼の最初の給料を受け取ったとき、ベトナムでの生活の衝撃は警官に来ました。 「お金は家を借りるのに十分です。他のお金は警官として10年間使われることになっています」と彼は言いました。 収入を増やしたいと思ったマナブは、情報技術のトレーニングコースを受講し、ベトナムの社会科学人文科学大学で修士号を取得しました。 数ヶ月後、彼は仕事のリズムに追いつき、彼の収入は徐々に改善しました。

「彼が日本で夢の仕事を辞めてベトナムに行くことができなかったとき、彼は無謀すぎました」と、マナブの元同僚であるタインスアン地区のホアン・トゥアン・フン(30歳)は言いました。 多くの日本人と交流する機会があったフン氏は、彼のように転職を敢行する人の数は非常に少なく、特に一流と見なされている警官の職業は非常に少ないと述べた。

金谷学は2020年7月にベトナム研究の修士号を取得して卒業しました。写真:キャラクター提供

金谷学は2020年7月にベトナム研究の修士号を取得して卒業しました。写真: 提供される文字

2018年、マナブは仕事を辞め、2人の友人と情報技術会社を設立しました。 一年後、彼は引退し、他の人と一緒に日本語学校を開きました。 6か月間運営されていたが、非効率のためにセンターを閉鎖しなければならなかった。 2019年3月、労働力の輸出を専門とする会社の日本語研修センターの所長に招聘された。 「収入は今や『食べるのに十分、使うのに十分』であり、貯蓄を使う必要がなくなった」とマナブは笑いながら言った。

ベトナムでの5年間の生活、4回の転職、数え切れないほどの失敗がありましたが、マナブは日本に戻るつもりはありませんでした。 彼は、「人々は仕事とお金の重荷を強調するだけでなく、愛をもって一緒に暮らす」ことを理解するのを助けるために、土地にとどまりたいと言いました。 彼が長く滞在すればするほど、彼はその土地とここの人々をより愛しました。

センターでの作業に加えて、マナブは2019年から、個人のYouTubeチャンネルを開設し、ベトナムに滞在する旅を共有し、在日ベトナム人に言語と生活体験を教えました。 「ベトナムの人々に有益な情報を伝え、彼らが仕事に行く前に日本の文化と法律を理解するのを助けたい。彼らが私が出会った人々のように刑務所に行かないことを願っている」とマナブは言った。彼らが何年も前に警察署に連れて行かれたときのベトナム人の顔と斜めの目。

三脚と電話だけで、日本人はビデオを作り始めました。 当初、動画は10人の視聴者に届きませんでした。 徐々に、ビューは数百に成長しました。 現在、彼女のYouTubeチャンネルには68,000人のチャンネル登録者がいます。そのほとんどは、新しい国に来る前に、日本語を習得し、より多くのスキル、経験、法律を理解したいと考えています。

好意的なコメントに加えて、多くの人が、マナブが奇妙な土地への愛情を表現するとき、「色を塗る、見せることが好き」と言いました。 「でも、ベトナムは自分の気持ちを隠すのではなく表現するように教えてくれたので、気にしない」と彼は笑った。

ベトナムでは長い間、マナブはバイクに乗って首都の隅々まで行き、歩道に座って熱い春雨を楽しむ準備ができているとき、地元の人のように感じます。途中で代金を支払うことを恐れません。市場または時々遅れます。 彼が訪れた20以上の州や都市で、彼はすべての料理が味に向いていると言いました。エビのペーストだけが試してみることはありませんでした。

アンホックと彼の友人たちは2019年12月にサパを訪れました。写真:キャラクター提供

マナブさんとその仲間たちが2019年12月にサパを訪れました。写真: 提供される文字

マナブの同僚であるバクトゥリエム地区のVuongXuanCuongさん(30歳)は、「彼はベトナムをベトナム人のように理解していると言えます」と述べています。 クオンの評価によると、マナブは忍耐強く、細心の注意を払い、注意深い人物であり、常に高い責任感を持って仕事をしています。 「彼の中には、私が今まで出会った日本人にとっては難しい、両国間の干渉と調和があります」とクオンは言いました。

近い将来、マナブは個人的な仕事とともに、日本のベトナム人がより多くの人生経験を積むのを助けるための架け橋として個人的なYouTubeチャンネルを開発したいと考えています。 同時に、それは野心と夢を持つ人々に彼らの選んだ道を追求することをあえてするように促します。

年に2回、彼は両親を訪ねるために日本に戻ります。 息子が幸せでいつも笑顔でいるのを見て、家族はマナブが外国に引っ越すことをもはや妨げません。 彼は彼に彼のデビューのためにベトナム人の妻を見つけるようにさえ促した。

「ベトナムが恋しいのか、帰ってくるまでどれくらいかかるのかとよく聞かれますが、絶対に大好きな土地にとどまります」と彼は笑った。

日本の警官がベトナムに恋をする

クイン・グエン

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。