日本の芸能界の「ゴッドファーザー」が数百人の十代の若者に性的暴行を加えた

TPO – 日本の芸能界の「ゴッドファーザー」として知られるジャニー喜多川氏が数十年にわたり数百人の十代の若者たちに性的暴行や虐待を行ったという告発が事実であることを捜査評議会が認めた。

大御所の故ジャニー喜多川氏が同性愛者への暴行容疑で告発された。 写真: 産経。

ジャニーズ事務所は日本最大級の人材発掘会社です。 同社は1962年にジャニー喜多川氏によって設立され、Hey!など多くの有名なJ-POPボーイズバンドの成功に貢献した。 酔っ払い! JUMP、Kis-My-Ft2、嵐…。

北川氏は2019年に87歳で亡くなったが、北川氏とジャニーズ事務所は現在、プータンの芸能界「ゴッドファーザー」を巡る性的暴行疑惑でメディアや世間からの批判にさらされている。

2022年4月、元ジャニーズJr.の岡本カウアン氏が、2012年から2016年までの事務所との契約期間中に北川氏から15~20回の性的暴行を受けたと告発した。

岡本氏は、北川氏のJ-POP業界、特に自身の会社であるジャニーズ事務所における影響力が強いと語った。 ボスはその権力を利用して、岡本氏の知り合いの少なくとも3人を襲撃した。

「私がいなくても、少なくとも3人は犠牲者が出ていると思います。 北川家を訪れたほぼ全員が犠牲者となった。 北川さんには今でも感謝している部分もありますが、彼の行為はひどいものだったと思います。 以前は映画出演も広告も歌手のキャスティングもすべて北川が決めていた。 ジャニーズ事務所の経営陣に認められたい。 日本の芸能界からこのような事件がなくなることを願っています」と男性アイドルは語った。

日本の芸能界の「ゴッドファーザー」が数百人の十代の若者に性的暴行を加えた写真2

岡本カウアンさんは北川さんに性的暴行を繰り返したとして告発した。

カウアン・オカモト氏の告発を受けて、日本の当局は捜査を開始した。 8月30日、捜査は北川さんの性的暴行容疑は信憑性があると結論づけた。

調査委員会は3か月で23人の被害者に連絡を取った。 彼らは、1931年生まれの大物実業家が1950年代から少年たちを攻撃し、性的虐待を行っていたことを発見し、さらに少なくとも数百人をターゲットにしたことを明らかにした。

取締役会は記者会見で、社内で起きた性的虐待を隠蔽したジャニーズ事務所を批判した。

「会社の隠蔽のおかげで、性的虐待は長期間にわたって野放しにされ続けた。 行動には多くの選択肢がある」と評議会は非難した。

取締役会はまた、エンターテインメント会社に対し、正式な謝罪、コンプライアンス対策の強化、従業員と取締役の人権意識の向上を求めた。 CEOの藤島ジュリー景子氏も、不祥事に関して何も措置を講じなかったため、辞任を求められた。

日本の芸能界の「ゴッドファーザー」が数百人の十代の若者に性的暴行を加えた写真3

調査委員会は、数百人の十代の若者に性的暴行を加えたという北川氏の告発が真実であることを確認した。

日本の芸能界の「ゴッドファーザー」が数百人の十代の若者に性的暴行を加えた写真4

ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長が辞任を求められた。

タム・ヌー、ファイナリスト:
ファイナリストのタム・ヌーさん:「友達グループにゴミ箱に捨てられました。何年も笑うことができませんでした」

マイケル・ジャクソンの二人の息子はほとんど登場しなかった
マイケル・ジャクソンの二人の息子はほとんど登場しなかった

若き世界王位継承者
若き世界王位継承者

トゥ・オアン

コリアブーによると

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です