日本の猿の女王は交配シーズン後にしっかりと君臨します

高崎山自然動物園の研究者たちを驚かせたのは、9歳のメスのヤケイモンキーがオスのモンキーとのパートナー関係を築きながら首位を維持したことです。

やけいは高崎山自然動物園史上初のメスマカクです。 写真: 高崎山保護区

昨年、9歳の日本のメスのサルであるYakeiは、生物学的な母親を含む他のいくつかのサルを打ち負かしてリーダーになりました。 これにより、やけいは高崎山自然保護区の歴史の中で最初の女性の支配者になります。 聖域は1952年に設立され、1,000匹以上のサルが生息しています。

しかし、2021年11月に始まり2022年3月に終わる女王としての彼女の最初の繁殖期には、「三角関係」が彼女の力を揺るがす恐れがあります。 予備関係者によると、八重がペアリングに興味を示した五郎という15歳のオスのサルは、前の交配シーズンに交配したにもかかわらず、それを拒否した。 同時に、18歳のルフィというオスのサルは、相手の不快感にもかかわらず、ヤケイを誘惑するために最善を尽くします。

ニホンザルには多くの仲間がいて、科学者たちは、ヤケイが潜在的な仲間を追いかけたり拒絶したりしている間、彼の地位を維持できないかもしれないことを恐れています。 繁殖期を通じて緊張が高まり、拒絶されたオスのサルからの挑戦は、ヤケイが簡単に奪われる結果となる可能性があります。 やけいはリーダーを倒して現在の位置に登ったが、その猿は年をとっていて、若い男性ほど手ごわいものではなかった。

しかし、保護区の管理者によると、ヤケイは今年の交配シーズン中に他のサルが彼を倒すことができず、2022年3月末までリーダーであり続けたのは幸運でした。 ヤケイの継続的な支配は学者を驚かせ、彼らに類人猿社会が家母長制の下でどのように機能するかを観察する機会を与えました。 彼は力を維持しなければなりませんが、Yakeiは常にうまくペアリングしています。 五郎に拒絶された後、彼は何週間も礼拝に費やし、少なくとも他の5匹のオスのサルに興味を示した。 その中には、群れの中で10位にランクされたオスのサルであるクリスがいて、シカオはクリスの後ろにランクされていました。 しかし、彼が交尾する唯一のオスのサルはマルオです。

群れで15位にランクされているマルオのステータスはそれほど高くありません。 それでも、保護当局は、それは非常に穏やかで、若いサルとの行儀が良かったと言いました。 母親として、この性格はやけいにとって重要である可能性があります。 2019年の夏、ニホンザルでは珍しい双子を出産しました。 ヤケイのカブスの1頭が行方不明で死亡したと推定されていますが、彼は残りのカブスの世話を続けています。 保護区で30年間のガイドを務める下村忠敏氏によると、大人のヤケイは実の母親とリーダーの地位を争うが、「彼の若者には寛大で賢明」だという。 前回の産卵期からの唯一の変更点は、3位のサルがいなくなり、下のすべてのメンバーが1ノッチ上に移動したことです。

「ヤケイはメスのサルとして、他のオスよりも体力が弱いので、攻撃されたり、倒されたりしやすい」と、日本科学コピー推進学会の博士課程の学生である海外石悠氏は語った。 「やけいはリーダーになってからは多くの同盟国があり、地位を安定させるのに役立っていると思います。」

ニホンザルの行動を研究している海ヶ石は、ヤケイが1位を維持できることは、この動物の社会において力がすべてではないことの証拠であると考えています。 Yakeiの勝利は、霊長類の社会生活について学ぶことがまだたくさんあることを証明しています。

カン (テオ ニューヨーク・タイムズ)。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。