日本の有利な産業は、米国によって一つずつ一掃されました。

元のタイトル:当時の日本の有利な産業は、米国によって1つずつ破壊されました!

作成者:Chen Xiaodao

日本の自動車店に行ってみると、まだアメリカ製の車が残っているのがわかりました。日本人の従業員が自分の車を売っているときは、アメリカの車も売っていました。

30年前のこのシーンの不思議なシーンは、まだ日本人には手放せません。 日本の慶應義塾大学の経済学教授である大西宏は、それを「私たち日本人にとって最も印象的なこと」と呼び、彼の口調は屈辱に満ちていた。

これらはどのようなイベントですか?

  a

これは、当時の米国の日本に対する「最大の圧力」の結果であることが判明した。 1986年、日本は米国に343万台の自動車を輸出しましたが、これは米国の自動車にとって最大の脅威と考えられていました。 その結果、米国は「セクション301」を開始し、トヨタのレクサスなどの13の高級日本モデルに100%の関税を課しました。

米国はまた、日本に独立した輸出制限を採用することを強制しました。これは当初3年間しか実施されていませんでしたが、最終的には13年間実施されました。 それだけでなく、この記事の冒頭で述べたように、米国は日本の主要な自動車メーカーに同時にアメリカ車を販売することを強制しています。 それは露骨な屈辱です。

「米国は常に自国の利益だけを考えてきたので、そのような行動をとっている」と大西光はダオ兄弟に語った。 彼はしぶしぶ、日本は「西洋人」であることに誇りを持っており、日本に駐留する米軍に「囲まれている」ので、米国からのそのような傲慢で不合理な要求を飲み込むことしか選択できないと述べた。

大西光は、30年前に米国が日本に対して行ったのと同じことが今日も中国に適用されていることを繰り返し想起している。

確かに、物語はしばしば驚くほど似ています!

日本の自動車産業に対する強力な取り締まりの後、米国は日本のハイテク産業に指を向けた。 1989年、米国は「セクション301」の範囲をスーパーコンピューター、人工衛星、木製品から、NECや富士通などの日本のテクノロジー企業の抑圧にまで拡大しました。

1980年代に、IBM産業スパイのセンセーショナルな事件がありました。 日立の従業員数名がIBMの技術を盗んだとして非難され、「20世紀最大の産業スパイ事件」と呼ばれる事件でFBIに逮捕されました。 事件は最終的に法廷外で解決されましたが、事件の詳細はまだ不明です。

  そのうちの

日本の独立した戦闘機の研究開発の歴史は言及する価値があります。

戦後、日本で最初に自主開発・製造された戦闘機はF-1戦闘機であり、現在のF-2はその改良版です。 1984年12月、日本の防衛庁(現在は防衛省に変身)の職員会議は、F-1の後継機の問題について議論し始め、それをFS-X計画と名付け、3つの「国家開発」を提案した。 「外国戦闘機の導入」計画。 「「既存モデルに切り替える」。

また、防衛庁は1985年から国内外で公開入札を行っている。

武器オークション、特に戦闘機オークションは、結局のところ大きな脂肪であるため、日本の三菱重工業や川崎重工業を誘致するだけでなく、米軍企業も積極的にオファーの呼びかけに参加しています。 その中で、三菱重工業は戦闘機の独立した開発計画を提案しました。 当時の飯田雄太郎社長は、「防衛産業では、日本に貢献しなければ、三菱は存在しなくてもよい」と公言した。

F-1戦闘機は戦後日本が独自に開発・製造したものであり、各種企業の入札計画を検討・比較した結果、防衛省は国内企業による新世代戦闘機の製造に傾倒している。

しかし、風が止まり、国際世論を生み出し始めたアメリカ企業は、「戦前、三菱重工業はゼロ戦闘機と「武蔵」戦艦を製造した。重工業は「ひのまる戦闘機」が空を飛んでいることを望んでいるのか?また?” 「日本政府は、彼らが再び米国と戦うことを望んでいたので、三菱を選びました。」

米国政府は日本政府に再考を迫り始めた。

強大な米国に直面して、日本は屈服した。 1986年12月、日本政府は、以前の研究開発計画の「国家開発」を「米国との共同開発」に変更した。

実際、日本と米国による共同研究開発のアイデアに従えば、まったく新しい戦闘機が出現します。 しかし、多くの軍のファンが知っているように、F-2戦闘機は実際にはアメリカ人の支配を隠しているアメリカのF-16戦闘機に基づいて開発されています。

1987年4月11日、米国国防総省の調査チームが日本を訪問し、戦闘機の共同開発に関する現地調査を実施しました。 名古屋にある三菱重工業の空母製造工場と鎌倉にある三菱電機の製造工場を相次いで訪問し、日本政府と意見交換を行った。 ツアー中、三菱重工業は次世代戦闘機の主翼に「強化炭素炭素」を使用することを計画しましたが、当時の従来の製造方法よりも進んでいたため、アメリカ人を驚かせました。

国防省の調査団が帰国後、すぐに「日本はFS-Xプロジェクト全体を推進しているが、開発費は莫大である。一部の地域では日本の軍事技術がそれを上回っている」との報告を書いた。米国ですが、全体としては、米国の戦闘機の高度な技術レベルには達していません。」 「日本はFS-Xプロジェクトに熱心ですが、開発費は特に高額になるため、F-16をベースに開発することをお勧めします。」

2ヶ月後、東京で日米防衛相が会談した際、米防相は突然、日本を不意を突かれたアメリカの戦闘機をベースにした共同開発を提案した。 当時、研究開発計画はすでに始まっていました。 しかし、日本はそれを受け入れることを余儀なくされました。

すぐに別のことが起こり、日本人はショックを受けました。

1989年2月、当時の日本の竹下典首相は、米国訪問中に次世代戦闘機の共同開発において米国が提供すべき支援を米国に確認することを計画した。 しかし、竹下氏が米国に到着する前に、米国上院議員12名が突然、ブッシュ米大統領に宛てたFSプロジェクトに関する日米協力に反対する書簡に署名した。 それ以来、他の24議員は、ブッシュ大統領が日本への軍事技術支援の提供を停止することを共同で要求している。

したがって、日米共同開発のための最新の署名された意向書には、日本のための3つの追加内容があります。

1.F-16ソースコードの提供を制限します。

2.製造プロセスでは、米国が可能な限り多くの分業を獲得するようにします。

3.国教樹立禁止条項は、日本が技術を提供しなければならないと明確に述べています。

これらの3つの追加は、日本独自の技術を無条件に米国と共有する必要があり、米国の技術を独自の「ブラックボックス」に入れることができることを意味します。 当時、自由民主党内の多くの声が「不平等条約」であると非難したが、竹下典は署名した。

  

戦闘機の研究開発と比較して、かつて脚光を浴びていた半導体産業は、日本人にとってさらに悲惨な米国から大きな打撃を受けています。

1980年代半ばまでに、日本の半導体売上高は2兆円に達し、世界市場全体の売上高の50%以上を占めています。 米国半導体工業会(SIA)の統計によると、1984年の米国の半導体市場の売上高は116億米ドルでしたが、1987年には181億米ドルに増加し、そのうち日本のシェアは14%から20%に低下しました。

これはすぐに米国で恐怖を引き起こしました。 1985年、SIAは、「日本の半導体は、米国のハイテク産業と防衛産業の基盤の安全を脅かしている」と指摘し、米国の国家安全保障のレベルまで脅威を高めているとの報告を発表した。

SIAは、レポートでこのロジックを強調しています。

ハイテク兵器は電子技術と切り離せませんが、電子技術は最新の半導体技術と切り離せません。 米国の半導体技術が遅れると、一部の主要部品に日本の技術を使用する必要がありますが、外国の財源は信頼できず、特に戦時中に供給削減が発生する可能性があります。米国が日本に半導体の分野での発展を許可した場合、それは国家安全保障を脅かします。

SIAレポートは、米国政府向けに作成されただけでなく、レポートを公開しました。

このように、米国は「国家安全保障を維持する」ために、1986年に日本に「日米半導体協定」に署名させ、米国の半導体半導体の日本への輸出と開発を促進した。

日本に契約への署名を強制することは、日本の半導体に対する米国の取り締まりが終わったことを意味するものではありません。 1987年、米国は第3市場でのダンピングに対して、日本に3億米ドルの補償を求めました。これは、日本製のコンピューター、テレビ、その他の商品に100%の報復関税を課すことに実質的に相当します。 さらに驚くべきことは、日本の半導体市場シェアを20%以上に維持しなければならないことです。これは、1991年の新しい半導体契約に明確に書かれています。

当時の交渉の席には、今日多くの中国人に親しまれている人物、つまり1980年代に日米間の経済貿易交渉に参加したライトハイザーがいました。

米国の弾圧の下で、日本の半導体産業は祭壇から落ち、それ以来、その活力はひどく損なわれています。

日本は普通の国ではなく、日米の関係は非常に特別ですが、米国による日本からの先進産業の撤退は代表的なものであり、使用される手段は今日のものと同様です。 今日、中国人はそれを直接経験しています。

しかし幸いなことに、中国は日本ではなく、当時の中国人は日本人ほど苦しんでいません。

慶應義塾大学経済学部教授の大西博氏に感謝します。

画像はインターネットからのものであり、侵入されて削除されています。

責任ある編集者:張寧

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。