日本の新聞が日本でのコン・フオンさんの過酷な状況を報じた

(ダン・トリ) – タルグマ紙(日本)は、コン・フオンは有能な選手だが、横浜FCでは自分の力を証明する機会がないと報じた。

コン・フオンは横浜FCとの契約を2024年末まで延長したばかりだ。昨シーズン中、ベトナム人ストライカーは日本のクラブに大きな貢献をしていなかったので、驚くべき情報となった。 この選手は全日本選手権では1分も出場していない。 日本連盟杯ではわずか2分間の出場だった。

コン・フオンは有能な選手とみなされているが、横浜FCでは起用されていない(写真:横浜FC)。

横浜FCに残留することに同意したことで、コン・フオンは自分自身を表現する機会を得ることができた。 クラブが全日本選手権から降格した後、チームの大スターの多くが去った。 だからこそ、コン・フオン氏はこのチャンスを掴まなければなりません。

『ターグマ』によれば、コン・フオンは有能な選手だが今季は起用されていないという。 同紙は、横浜FCがゲアンのストライカーの才能に対してあまりにも冷酷だったと考えている。

ターグマ紙は「コン・フオンは高校を出たばかりの初心者のように扱われている。彼は優れた能力を持った選手だが、自分を発揮する機会がない。コン・フオンのプライドは傷つけられた」とコメントした。

日本の新聞は、コン・フオンは横浜FCで依然として大きな障害に直面していると報じた。 「コン・フオンの問題は、英語を流暢に話せないことだ。さらに、この選手は、他の多くのベトナム人選手と同様、かなり内気だ。」

コン・フオンはベトナム代表に加わるためにはもっとプレーしなければならない(写真:TA)。

少し前に、タイの新聞シンクカーブは、コン・フオンが競争の機会を求めてベトナムに戻らず、日本に残ることを決めたことに驚きを表明した。 同紙は「コン・フオンの将来は再び不透明だ。クラブが最近国内チャンピオンシップから降格したにも関わらず、同選手は横浜FCに残ることを選択する可能性が高い」と書いている。

昨シーズンの日本連盟杯ではわずか2分間の出場にとどまった。 一方、コン・フオンはJリーグで1分間もプレーすることを許されなかった。

ホアン・アイン・ザライ、ホーチミン・シティ、ハノイFC、ハイフォンなど、ベトナムの多くのサッカーチームがコン・フオンを迎える準備を整えているが、この選手が帰国してプレーしない可能性が高い。 1995年生まれのストライカーは、横浜FCで日本の2部リーグでプレーして自分の力を試したいと考えている。

横浜FCの主力選手の多くは降格後チームを離れた。 コン・フオンが昨シーズンほど熾烈な競争をする必要がないのは助かる。 したがって、この選手は日本の2部リーグでもっとプレーすることが期待できるだろう。

以前、コン・フオンは水戸ホーリーホック(日本)、仁川ユナイテッド(韓国)、サントロイデン(ベルギー)で失望した。 それで彼は失敗者だと思われたくなかったので横浜FCに残ることを決めたんだ」

Mukai Mamoru

"Travel nerd. Hard-core beer expert. Web enthusiast. Hipster bacon fanatic."

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です