日本の専門家が販路づくりの新たな考え方を紹介

日本の専門家が、鳥、魚、コウモリ、昆虫の「プリズム」を通して、ビジネス市場と販売チャネルの構築について意見を共有します。

最近ホーチミン市で、ベトナム高品質製品企業協会は神奈川県中小企業コンサルティング協会(日本)と連携し、日本の専門家との会合プログラム「販路を拡大する方法についての新しい考え方」を開催しました。 」

プログラム中、日本の専門家は市場を開拓するための考え方について多くの視点を示し、具体的な話を共有しました。

三井物産株式会社で50年の国際ビジネス経験を持つ岩松宏幸氏によると、企業は市場を拡大するには適切な視点を持つ必要があるという。 そこから岩松宏幸氏は、ビジネスの役割を考えるビジネス視点として、鳥、魚、コウモリ、昆虫の4つの視点を考え出しました。

岩松宏之氏 – 三井物産株式会社で 50 年の国際ビジネス経験を持つ。

それでも岩松宏之氏によれば、ビジネスにおいては、ビジネスの視点を選択することが非常に重要です。 より具体的に言うと、ビジネスにおける魚座の視点はフローの視点です。 したがって、流れは国、産業、製品などの変化に対応します。 市場を開拓する際には、流れや変化を理解することが重要です。 そこから、企業は自分たちが行っていることがその企業、業界、国の段階に適切であるかどうかを自問する必要があります。

岩松宏幸氏も例を挙げ、1990年に中国に自動車部品会社を設立するミッションを受けた。 当時、他の多くの日本の部品会社も中国市場への参入を希望していました。 当時の中国では賃金が非常に低かったことを彼は認識していた。

「当時、日本の繊維企業は中国に繊維工場として進出し、活況を呈していました。 多くの自動車部品会社も中国への進出を希望している。 しかし、安価な労働力の最も適切な供給源は、やはり自動車用革シート張り会社だと思います。 私は別の室内装飾会社を設立し、中国市場に参入しました。 現在、この会社は中国で急成長を遂げています」と岩松宏幸氏は説明する。

さらに、岩松宏之氏は、企業は狭い範囲で目の前のことしか見聞きしないことが多いと指摘した。 大多数の企業は、昆虫がどのように見えるかという、最も小さなことから起こるはずの変化に注意を払っていません。 重要なのは、変化は毎日起こっているため、最小の情報を相互にリンクする必要があるということです。 これは、市場を成長させるために最小の情報源をまとめる方法を示しています。

「虫や鳥や魚の視線の方向はリーダーの視線の方向でもある。 同じ方向を向いていないと、非常に混乱してしまいます。 アイデアから計画、情報までを 1 つのデータに統合しないと、リーダーにとっては非常に困難になると思います」と岩松宏幸氏は語ります。

さらに、岩松博之氏は、ベトナム市場にはまだまだ発展すべき要素が多く、その中で最も重要なのは裾野産業セクターの弱さに関係していると述べた。 逆に日本は裾野産業には強いのですが、後継者が非常に少なく、見つけにくいという問題を抱えています。

「現在、日本の約99%の中小企業は、多くの新しい優れた技術を保有していますが、後継者がいません。 したがって、日本企業とベトナム企業の合併は必要な道であり、今すぐ実行されるべきである。 特に、中小企業の市場開拓支援や、技術、エンジニアリング、営業の専門家をつなぐことに注力しています」と岩松博之氏は語る。

このプログラムには、電通総研の元経理部長兼経営企画部長の高木富士夫氏も出席し、次のように述べた。 この基盤があれば、企業はパートナーを理解し、市場を理解し、それぞれの状況に適切に行動して対処する方法を身に付けることができます。

ビナ・キッチン・イクイップメント・ジョイント・ストック・カンパニーのセールス・ディレクター、グエン・ティ・タイン・デュー女史はさらに次のように述べています。 したがって、最も重要な要素は、ベトナム企業が非常に真剣であり、品質を重視することです。 日本との協力以来、同社は最高品質の製品を生産するために多くの技術支援を受けてきました。 »

ヴォリンク

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です