日本の子供たちを抱きしめる10年間のプロジェクト

「抱きしめて」と、3歳の少年が岡山の避難所でボランティアにしがみついています。

51歳の少年は抱きしめ、すぐに頭を上げて微笑んだ。 男はおもちゃで遊んでいる他の子供たちを観察し続けました。 おもちゃの電車で遊ぶために座った小学生の女の子が、ボランティアの背中に喜んでジャンプしました。

この男性は、過去5年間、月に4回善隣館を訪れています。 彼は11年前に設立され、日本の岡山市に拠点を置くGruunグループのメンバーです。 グルウンのメンバーは避難所を訪れ、困っている子供たちに抱擁をします。

善隣館チャリティーホームの岩井竜一さん(54)は、51歳のボランティアの協力に感謝の意を表した。 「彼はかつて訪問に来ていて、子供たちはそれを楽しみにしていました」と岩井は言いました。

2021年11月に岡山の避難所を訪れた際に男の子を抱いたボランティア。写真: 朝日。

岩井氏によると、善隣館のスタッフは洗濯、掃除、事務処理で忙しいことが多く、子供たちと多くの時間を過ごすことができません。

51歳のボランティアは、善隣館で一人ひとりの個性に気を配り、適切な距離を保っていると語ったが、初めて会ったばかりの子どもたちも多く、絆を深めている。 「彼らは誰かを握りたがっているようだ」と彼は言った。

神奈川県出身のシングルマザーの有尾美香子さんは、恵まれない子供たちを抱きしめる運動を始めました。 アリオは、自分自身が虐待されており、虐待を受けた子供たちや助けを必要としている子供たちのために避難所に接続したいと述べました。

「私の子供たちと私は毎晩寝るために寄り添うことができますが、これらの赤ちゃんは同じことをすることはできません」とアリオは言いました。 「彼らは私が私の子供たちを扱うように誰かが私を扱うことを望んでいます。」

アリオは神奈川県中の慈善団体に彼のアイデアを実現するよう呼びかけ始めました。 最初、アリオは孤独な子供たちを抱きしめました。 アリオの隣人や知人は後に参加し、2011年にGrunnBandが結成されました。

アリオはこれから何年もの間、子供たちへの愛と関心を表明するために、日本全国に避難所を主催しています。 アリオは2015年2月に43歳で癌で亡くなり、彼女の子供たちは親戚と暮らしています。

グルウン社長小本光子さん。 写真:Gruun。

グルウン社長小本光子さん。 写真: グルウン。

4年間の結成後、Grunnグループには1,000人のメンバーがおり、そのほとんどが40代の女性です。 死後、アリオに代わった小本美津子さん(64)は、インターネットでグルンを発見し、岡山のグループのサポーターになったと語った。 2012年に。

「グループの創設者は亡くなりましたが、私たち独自の方法で互いに助け合うことは引き続き機能します」とコモト氏は語った。

グルウンのボランティアが寄り添うための避難所に行くと、コモトは養子縁組制度を推進しました。 彼女は、短期養子縁組プログラムに登録することに興味のある人たちに、毎月数日間子供たちの世話をするように促しました。

コモトさんは2015年に孤児の世話を始め、実の両親と一緒に暮らすことができない赤ちゃんと暮らしています。 「私は年配の親のように彼らの世話をします」とコモトは言いました。 「私はまだあなたのことを気にかけていると言うのは大きな抱擁だと思います。」

Gruunは他の組織との協力も強化しています。 岡山市当局は、シェルターと養子縁組システムに対する人々の理解を深めるために、グルウンが毎年セミナーを開催することを許可しました。

ボランティアのグループはまた、名古屋県福祉委員会と協力して新しい支援者を見つけました。 日本の47都道府県からのボランティアが運動に参加し、恵まれない子供たちにより多くの抱擁を与えました。

アリオは死ぬ前に、「私が残した2つの大きな成果は、2人の子供を産み、Gruunを設立したことであり、これは私がこの人生にまだ存在していることの証拠です」とメッセージを残しました。

「誰も明日何が起こるかを予測することはできません。だから、今日あなたの愛する人と空腹の赤ちゃんを抱きしめてください」とアリオは言いました。

デューク・チュン (によると アサヒ)。

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。