日本の天然温泉

訪問者は、体を浄化し、全身をリラックスさせるために、熱い砂場に動かずに横たわっています。

温泉で有名なだけでなく、日出ずる国は「砂浴び」よりも特別な体験を提供します。 別府は、大分県九州の南海岸にある温泉地です。 温泉は天然のお湯を利用しますが、別府の一部の地域では砂も自然に熱くなります。

温泉とは異なり、砂浴場には特別な入れ墨規制はありません。 写真: Soranews24

到着時に、スタッフがお客様をお迎えし、ご案内いたします。 訪問者が行う必要があるのは浴衣に着替えるだけで、スタッフは横になるのに適したサンドボックスを掘ります。 穴に横になって、リラックスしてください。 ビーチで砂遊びをするように、スタッフはシャベルを使って砂をシャベルで覆い、体を覆い始めました。 また、砂枕も作っているので、目の前の海を眺めたり、波を聞いたり、リラックスしたりできます。

自然に暖かい砂のために、訪問者は砂に徐々に潜り込むにつれて、しばしば灼熱の暑さを感じます。 砂の重さと熱により、訪問者は5〜10分間汗が降り注ぐのを感じ始め、周囲の砂を吸収します。 砂の熱は痛みや痛みを癒すのに役立ちます。 砂浴は、肌をより輝かせ、循環器系を改善し、肉体的、精神的に若返らせると言われています。

滞在中は砂の枕に頭を乗せてリラックスし、ビーチを眺めることができます。 写真:Soranews24

滞在中は砂の枕に頭を乗せてリラックスし、ビーチを眺めることができます。 写真: Soranews24

砂浴は約15分続きます。 お客様が暑さに耐えられなくなった場合、スタッフがいつでもお手伝いします。 砂場を出て、きれいな水で洗い流し、温泉につかります。

別府観光エリアは、3月から11月まで午前8時30分から午後6時まで営業しています。 12月から2月まで、このエリアは午前9時から午後5時まで開いており、毎月最終水曜日は休業しています。 砂浴の費用は13米ドル(約300,000ドン)です。

ロイヤリティ (によると Soranews24)。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。