日本の地震で半導体工場が停止

によると ネオウィン、現地時間1月1日午後、石川県能登半島でマグニチュード7.5の地震が発生した。 現在、この地震により少なくとも57人が死亡したとみられており、捜索活動が続いている。

半導体メーカーは1月1日の日本の地震の影響を制御することができた

この震源域には、MLCCメーカーの太陽誘電、シリコンウェーハメーカーの信越化学工業とグローバルウェーファーズ、東芝とTPSCoなど、複数の半導体企業の工場があり、操業に影響が出ている。 過去数年間にいくつかの混乱があった後、地震の影響は「管理可能」であると表現されていました。

このうち信越化学工業とグローバルウェーハズは検査のため施設を一時閉鎖している。 これらは結晶成長に関係する設備であり、地震に非常に敏感です。 しかし、これらの企業の仕事のほとんどは福島で行われているため、影響はそれほど大きくありません。

TPSCoはまた、すべて良好な結果を得た魚津工場、砺波工場、新井工場を検査のため閉鎖し、東芝は加賀施設を検査している。 太陽誘電の新潟発電所については、震度7の地震に耐えられるよう設​​計されていたため、物的被害はありませんでした。

基本的にトレンドフォースは、地震の影響は関係するすべての企業にとって管理可能であると考えています。 また、半導体業界は不況で閑散期でもあるため、回復には時間がかかるだろう。 さらに、ほとんどの工場は構造許容範囲であるレベル 4 ~ 5 の地震活動が発生する地域に位置しているため、被害は最小限に抑えられます。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です