日本の国会が中国を批判する決議を可決

日本の国会は、中国の人権状況に関する決議を承認し、新疆ウイグル自治区と香港の状況に懸念を表明した。

2月1日に日本の議会で可決された決議は、国際社会が新疆ウイグル自治区、チベット、香港特別区における「拘禁と自由の侵害」の問題について懸念を表明したと述べている。 。 「人権は国の問題であるだけでなく、国際社会にとって非常に価値があり、正当な関心事である」と決議は述べている。

日本議会の決議は、「人権侵害」という用語を避け、「人権状況」という用語に置き換えました。これは、両国間の経済関係に過度の負担をかけないようにするための措置です。

中国外務省のスポークスマン、趙立堅は直ちに決議を「低い」と非難し、日本が内政に干渉したとして非難した。 「これは中国国民に対する深刻な政治的挑発だ」と趙氏は語った。

2月1日の日本議会の会期。 写真: ロイター。

趙氏は、日本の第二次世界大戦の過去に言及し、東京には「他国の人権状況について虚偽の発言をする力はない」と述べた。

日本の通信社によると ジジ与党自民党(LDP)の保守派は、日本政府の懸念にもかかわらず、2月4日の北京オリンピックの開幕に先立ち、中国を批判する決議案を可決しようとした。

自民党は、中国へのアプローチについて長い間意見を分けてきた。 保守派は中国の政治に厳しく、主に防衛問題に関心を持っていますが、他の保守派は近隣諸国との深い経済関係を維持することに焦点を当てています。

日本は製造業のハブとしてだけでなく、自動車から建設機械に至るまでの商品の広大な市場として中国に依存しています。

ノック・アン (によると ロイター)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です