日本の億万長者がウクライナに約900万ドルを寄付

日本の億万長者の三木谷浩史は、ウクライナ政府が戦争中に人々を助けるための人道活動を行うのを助けるために、870万ドルの寄付を発表しました。

日本の電子機器大手の創設者である三木谷浩史さん(56)は、10億円(870万ドル)の寄付は「暴力の犠牲者であるウクライナの人々を支援する人道活動に」使われると述べた。今日、ウクライナのヴォロディミール・ゼレンスキー大統領への手紙。

日本のビリオネアヒロシ「ミッキー」三木谷浩。 写真: 楽天

三木谷は2019年にキエフに旅行し、ゼレンスキーに会ったと語った。 「私はいつもあなたとウクライナの人々を楽しみにしています」と日本の億万長者は言いました。

「ロシアとウクライナが問題を平和的に解決し、ウクライナの人々ができるだけ早く平和を見つけることができることを心から望んでいる」と彼は書いた。

フォーブスは、三木谷が現在57億ドルの価値があると見積もっています。 フォーブスのランキングによると、彼は日本で7番目に裕福な人物であり、2021年には世界で391番目の人物です。

ウクライナで軍事作戦を開始するロシアの命令により、多くの西側諸国はモスクワに金融制裁を課すようになり、世界中の個人や組織がウクライナを支援する。

日本政府はまた、資産凍結や、ロシア軍に関連する事業体への半導体などの主要品目の輸出禁止など、モスクワに対する制裁措置を発表しました。

しかし、モスクワは一連の制裁が西側の無力さを示していると信じています。

クレムリンがベラルーシの首都ミンスクでロシアの代表団との交渉を拒否したとしてウクライナを非難した後、キエフや他の多くのウクライナの都市で戦闘が激化しています。 ウクライナは、いつでも交渉の準備ができているが、ロシアからの「容認できない」要求に屈することはないと主張している。

ホンハン (によると AFP)。

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。