日本の保健大臣:Modernaワクチンの不純物は針の詰まりが原因である可能性があります

田村憲久、日本の厚生労働大臣-写真:ブルームバーグ

ロイター通信は8月31日、日本の保健省からの報告によると、沖縄でのCOVID-19ワクチン汚染の事例は、ワクチンチューブに針を誤って挿入し、ワクチンチューブのプラスチックキャップを壊したことが原因であると述べた。

「(汚染の)理由が何であれ、安全性やその他の問題はないと聞いた。 田村憲久大臣は、今後も情報収集と報告を続ける」と述べ、ワクチンチューブに不純物が混入することも珍しくないとのこと。

以前、8月29日、日本の沖縄県は、より汚染されたワクチンロットを検出した後、Moderna(米国)のCOVID-19ワクチンの使用を停止しました。 この事件は、日本の厚生労働省が、不純物を含むワクチンの報告を受けた後、8月26日に163万回分のモデルナの注射を中止するよう要請した後に発生しました。

8月30日、日本は東京近郊の群馬県でModernaPharmaceuticalCompanyのCOVID-19ワクチンの不純物を検出し続けました。

群馬県の関係者は、Modernaワクチンのバイアルに黒い不純物の小さな粒子を見つけたと言いました。 Gunmaは、汚染されたバイアルを含むModernaワクチンのバッチの使用を直ちに停止しました。

群馬県の関係者は、問題のあるワクチンのバッチは、以前に中断されたワクチンと同じバッチではないと述べた。 州はこのバッチのワクチンを使用して4,575人にワクチンを接種しましたが、健康上の問題はありませんでした。

その間、新聞 日本時間 専門家によると、ワクチンと注射器は使用前にチェックされるため、人々がワクチンに汚染されるリスクは非常に低いとのことです。 この不純物が体内に入ったとしても、健康に深刻な影響を与える可能性は低いです。

日本の感染症専門家である寺島武氏は、「注射部位や血液中を移動し、0.25mmの針で筋肉に注射した後、不純物が病気を引き起こすリスクは非常に低い」と述べた。

一方、専門家の宮坂正幸氏は、体内に入る金属の小片などの不純物は、体内を移動する前に食細胞によって処理されると述べた。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。