日本の人口の50%以上がCOVID-19ワクチンの全用量を受けました

人々は2021年8月2日に日本の東京でCOVID-19の予防接種を受けています。写真:AFP / VNA

西村大臣は9月12日のテレビで、現在の予防接種率を維持すれば、今月末までに日本人人口の60%以上が全量接種され、予防接種率が80%に達すると、菌株は、流行を制御するための現在の取り組みに大きな影響を及ぼします。

日本の予防接種プログラムは、今年2月に医療従事者を対象に開始され、4月に65歳以上の人々に拡大され、65歳未満の人々に予防接種が行われました。 東京は11月初旬までに、予防接種を受けたすべての人と予防接種を希望するすべての人に全量接種を完了するという目標を設定しました。

伝染性の高いデルタ変異による日本の医療制度の深刻な緊張の中で、政府は9月6日から首都東京と18都道府県の非常事態宣言を延長することを決定しました。 最近、日本でのCOVID-19の毎日の新規症例数は減少しています。 また、十分なワクチン接種を受けている人の割合に対する期待が高まっていることから、日本政府は今年11月に旅行や主要なイベントに関する勧告を緩和することが期待されています。

*アルジェリアでは、9月12日、大統領官邸は、アブデルマジドテブーン大統領が、9月21日に最初に予定されている学年度の開始前に全国のすべての教育部門の従業員の予防接種を命じたことを示す声明を発表しました。 この決定は、同日の閣僚会議の定例会議でテブーン大統領が下した。

9月4日以来、アルジェリアはCOVID-19に対する最大の予防接種キャンペーンを開始し、年末までに国の人口の少なくとも70%に予防接種を行うことを目指しています。 これまでに、全国で800万人の成人がCOVID-19のワクチン接種を受けており、そのうち300万人が2回の接種を受けています。 ワクチン接種をスピードアップするために、Sinovac(中国)のワクチン工場がアルジェリアの都市コンスタンティンで数週間以内に生産を開始します。

アルジェリア保健省からの最新の報告によると、過去24時間で246件の新規症例と20人の死亡があり、国は合計200,068件のCOVID-19と5,578人の死亡を記録し、136,662人が治癒しました。病気の。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。