日本の主要な業界団体は、「ユニコーン企業」の数を10社増やすことを提案しています。


ニュース日本の主要な業界団体である経団連は、「ユニコーン企業」の数を増やすという野心的な提案を作成しました。

日本の主要な業界団体である経団連は、イノベーションを刺激し、推進力を与えるために、「ユニコーン企業」、つまり10億ドル以上、つまり5年間で約100社の10倍以上の非上場スタートアップの数を増やすという野心的な提案をしました。経済の減速に。
最近の記者会見で、経団連の副社長でオンラインサービスプロバイダーのディー・エヌ・カンパニーの創設者である南場智子氏は、経済を復活させるために業界の新興企業を育成することの重要性を強調した。 5年間の目標を設定することは、この決意を示しています。
経団連の提案は、過去数十年の急速な経済成長で繁栄した大企業が長い間普及してきたが、革新が遅れている状況を改善することを目的としています。 協会は、この変更により企業がデジタル化と開発を加速することを余儀なくされることを望んでいます。
日本はテクノロジーグループAmazon.comInc.やFacebookInc.などの革新的な企業を形成することが期待されています。スタートアップ資本は経済の原動力になっています。
今日の日本における適度な数の「ユニコーン」の中には、人工知能のスタートアップであるPreferredNetworksInc.とニュースアプリの開発者であるSmartNewsInc./があります。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。