日本のハンターが海に飛び込む

中部日本で離陸した後、2人の乗組員を乗せたF-15戦闘機が海上で行方不明になりました。パイロットの運命は不明です。

航空自衛隊(JASDF)は、オーストラリアの石川県にある小松空軍基地を出発した直後の午後5時30分に、F-15重戦闘機がレーダー画面から消えたと語った。 海上で信号が途絶えた場所は、空港の北西約5kmです。

2018年の戦術戦闘機訓練飛行隊のF-15DJ。写真: 航空自衛隊

機体には2人の乗組員がおり、航空自衛隊で広く使用されているF-15DJの変種であることを示しています。 日本の防衛当局者は、戦闘機は航空自衛隊の訓練と演習における敵軍の役割を専門とする戦術戦闘機訓練隊の出身であると述べた。

日本国防省は捜索救助隊を配備し、事件の原因を調査したが、パイロットの状況は明らかにしなかった。

救助隊は飛行機が行方不明になった地域でがれきを発見し、金沢市沿岸警備隊は小松空港沖の海で赤信号の物体が発見されたとの報告を受けた。

F-15は、1967年にマクドネルダグラス社によって開発された重戦闘機であり、1976年から米国空軍に就役しています。これは、アメリカの主要な戦闘機ラインの1つであり、支配するという使命のために最適化されています。空軍。 。

航空自衛隊には約200機のF-15JシングルシートおよびF-15DJ2シート重戦闘機があり、そのほとんどは米国からのライセンスに基づいて国内で組み立てられています。 これらは、東京の長距離哨戒および迎撃能力のバックボーンを形成します。 それらのほぼ半分はオーバーホールされ、アビオニクスが改善され、戦闘力が大幅に向上しました。

アンを見た (によると 共同通信)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。