日本のクルーズ船の沈没で少なくとも10人が死亡した

海上保安庁は、国の北東部の海域でのクルーズ船の沈没で少なくとも10人が死亡、16人が行方不明になっていると発表しました。

4月24日の声明で、海上保安庁は、クルーズ船カズ1で男性7人と女性3人を含む10人の犠牲者を発見したと述べた。 海上保安庁のスポークスマンは、「この10人が死亡していることを確認した」と述べた。

カズ1は、船首に水が溢れ、船を沈めたときに遭難信号を送信しました。 最後の声明で、乗組員は、乗組員全員が救命胴衣を着用しており、カズ1はその後30度バンクしたと述べました。

事故発生時、カズ1号は乗組員2名を含む26名、子供2名を含む24名を乗せていた。 日本の当局はすぐに捜索救助活動を開始しましたが、カズ1が気温が低すぎる地域に沈んだため、生存者を見つけるという希望はすぐに薄れました。

救助隊は4月24日、東北地方の知床半島でカズ1号船とその犠牲者を捜索します。 ビデオ: 日本放送協会

カズ1号は、手付かずの自然環境と多様な野生生物が生息するユネスコ世界遺産の知床半島で人気の観光ルートをたどり、4月23日朝に出発しました。 強風と高波のコンディションにもかかわらず、ツアーは行われました。 この地域の多くの漁船は、以前は海での悪い状況を避けるために岸に戻らなければなりませんでした。

地元のクルーズ船の運航者は、「海の天候は明らかに悪化するので、行かないように言ったが、船長はとにかく行くことにした」と語った。

和1号船は、4月23日午後1時15分(ハノイ時間午前11時15分)に遭難信号を発信した。 数時間後、カズ1が墜落した地域にヘリコプターと海上保安庁が到着した。 その後、地元の警察と自衛隊が捜索救助活動に加わった。

この海の気温は夜になると0℃まで下がります。 救助隊は、犠牲者を見つけるために赤外線センサーを使用しました。 最初の4隻は4月24日の早い時期に上陸し、他の6隻は数時間後に発見されました。

日本のメディアは、カズ1が21人の乗客と2人の乗組員を運んでいる間に2021年6月に座礁したと報じました。 その後、船は浅瀬から脱出し、船長は商業活動の過失により交通を危険にさらしたとして警察によって調査されました。

日本の北海道の島の北にある知床半島の場所。 グラフィック:リサーチゲート。

日本の北海道の島の北にある知床半島の場所。 チャート: リサーチゲート。

グエンティエン (によると AFP)。

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。