日本のクラブがコン・フオンに驚きの動きを見せた

(ダン・トリ) – 横浜FCのホームページは、クラブがコン・フオンとの契約を延長したと発表した。 昨シーズン、ベトナム人ストライカーはチームに大きな貢献をしていなかったので、これは驚くべき情報だ。

数分前、横浜FCのホームページで、クラブがコン・フオンとの契約を2024年末まで延長したと発表された。ベトナム人ストライカーを引き留めるという日本チームの決定は、サポーターに多くの驚きをもたらした。

横浜FCはコン・フオンとの契約を2024年末まで延長したと発表した(写真:横浜FC)。

横浜FCは全日本選手権から降格後、運営予算を削減するために多くのライセンス選手を解雇した。 しかし最終的には昨シーズン大きな貢献を果たせなかったコン・フオンを残留させた。

昨シーズン、ゲストライカーは横浜FCの国内選手権で1分間もプレーしなかった。 日本連盟杯の名古屋グランパス戦では2分間の出場のみだった。

以前、コン・フオン選手も、競技のためにベトナムには戻りたくないという意向を表明していた。 その代わりに、この選手は不本意なシーズンの後、ポジションを争うために横浜FCに残りたいと考えている。

昨シーズン、コン・フオンは横浜FCで1分間も出場しなかった(写真:横浜FC)。

横浜FCで定期的にプレーできなくなったコン・フオンはトルシエ監督に「見捨てられ」、ベトナムチームにも呼び戻されなかった。 1995年生まれのストライカーが最後に代表チームでプレーしたのは、2023年9月のパレスチナ戦だった。

来シーズン、横浜FCは日本2部リーグのみでプレーすることになる。 多くのスター選手が降格後にクラブを去った。 そのため、コン・フオンはこのチームで公式ポジションを争う機会が増えている。 定期的にプレーできる場合にのみ、ゲストライカーはベトナム代表チームに戻ることを望むことができる。

最近、トルシエ監督はコン・フオンの件について語った。 同氏は「プレー経験の不足により、コン・フオンは強度の高いサッカーを継続的にプレーすることが難しい。私は彼にクラブでもっとプレーする機会を見つけるようアドバイスした。選手たちには才能を求めている」と明言した。 弾丸じゃないよ。」

Mukai Mamoru

"Travel nerd. Hard-core beer expert. Web enthusiast. Hipster bacon fanatic."

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です