日本のカルトは、安倍首相の暗殺後にメンバーが殺害の脅迫を受けたと主張している

統一教会は、安倍前首相の暗殺以来、信者は一連の嫌がらせや殺害の脅迫を受けていると述べている.

「容疑者の動機が母親の寄付に結びついているという未確認の報告と、教会に対する過度のメディア報道により、多くの信者が負傷したと報告するようになりました」と、統一教会の日本支部の田中富宏会長は本日述べた。

田中氏は、一部の統一教会の信者は、いじめのために仕事を辞めたり、子供を学校に行けなくさせたりするよう圧力をかけられていると述べた.

「日本のメンバーは殺害の脅迫を受け、『あなたを殺すつもりだ』という電話を受けた」と田中氏は語った。

7月11日、東京の統一教会日本支部の田中富宏会長。 画像: ロイター。

7 月 8 日の安倍晋三元首相暗殺事件の容疑者である山上哲也は、自分の母親が所属していた宗教団体と関係があり、破産を申請したため、自分を標的にしたと語った。

統一教会は、1998 年に山上さんの母親が信者であることを確認し、1999 年 6 月、彼女は 3 人の子供と一緒に住んでいた奈良の土地と家を売却しました。 彼女は2002年に破産を宣言しました。

容疑者の親族によると、容疑者は教団に1億円(72万4000ドル以上)を寄付したという。 統一教会の日本支部は、山上さんの母親が寄付した金額を開示することを拒否した.

安倍氏の暗殺により、日本国民は、安倍氏の弟で元防衛大臣の岸信夫氏を含む日本の政治家と統一教会との関係に関心を持つようになった。

岸氏は統一教会の信者が彼の選挙運動ボランティアであったことを認めた後、統一教会との関係を「慎重に検討する」ことを約束した.

統一教会は、集団結婚、世界中の保守的な政党との関係を築く努力、物議を醸す収益化方法で知られるキリスト教グループです。 この宗教団体は、多額の寄付によって多くの信者を破産させたと考えられています。

ゴック・アン (従う AFP)

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。