日本の「借金王」がパナソニックの繁栄時代を導いた

パナソニックの創業者・松下幸之助(1894~1989)は、日本の伝説的な実業家として知られています。 彼は生涯を通じて、ビジネスに関する貴重な教訓だけでなく、他者を尊重することなど、多くの貴重な教訓を残しました。

困難な子供時代と電気機器への特別な情熱

松下幸之助は、1894年に和歌山県で7人兄弟の三男として生まれました。 貧困のため、9歳で学校を中退せざるを得なくなり、父親について大阪に出て石炭窯で働き、その後自転車屋で生計を立て、家族を養った。

17歳の時、松下はこの業界に惹かれ、電機関連の会社に就職した。 その情熱があまりにも大きかったため、7年後に会社を辞め、資本金わずか97円で家電専門店を開業。 女性の着物のシャツ、持参金、宝石でさえ、貿易資本を構築するために販売する必要があります。 長い研究の末、彼はリアライトの発明に成功し、顧客から好評を博し、特許を取得しました。

写真:news.panasonic.com

1918 年から 1920 年の期間、日本経済は深刻な危機に見舞われ、企業は倒産し、人々はいたるところで失業しました。 しかし、天候にもかかわらず、松下は事業を拡大する機会だと考え、230平方メートルを超える工場を建設し、拡張を続けるためにあらゆる場所を借りました。

当時の市場動向に追いつき、1923年、長い研究と実験の末、電池式の自転車用ライトを発売。 この発明は画期的と言われていますが、それ以前は夕方に自転車に乗るのは非常に不便で、電池式のライト付きの自転車は数時間しか持たなかったり壊れたりしたため、あまり使われませんでした。 ただ、かなり高額なため、さすがにディーラーには受け入れられません。

従業員を解雇する代わりに損失を受け入れることで、日本の債務王は繁栄するパナソニック時代の先駆けとなった: 彼は必要に応じて雇い、必要に応じて解雇し、ビジネスに集中したい - 写真 2 .

写真:news.panasonic.com

あきらめずに、彼は卸売をやめて小売に行くという新しいビジネスのやり方を考案しました。 彼は各店舗に3〜4個の球根を無料で配布し、そのうちの1つを直接試して、製品に満足しているかどうかを体験して表現するように人々に促しました。彼の商品を輸入してください。 同時に、彼らは商品を輸入するために多額のお金を払う必要がないことを約束します.

幸いなことに、この方法により、彼は消費者の信頼を取り戻すことができました. 松下の自転車用電球は、大阪の電化製品店や自転車店などですぐに手に入るようになり、世間の注目を集めました。 業者からの注文が増える一方で、松下はエリアを拡大するために小売店の検索を強化しました。

人々の心をつかむために人々を扱う方法

1929 年末、大恐慌は大きな影響を与え続けました。 大企業も中小企業も、仕事がなくなると、すべての工場で労働者を解雇しています。 一方、松下さんの会社は大量の在庫を抱えており、生産を制限するのが最善の方法です。

また、髪がバサバサしていた頃、松下幸之助は体調がすぐれず、自宅療養を余儀なくされた。 彼の部下は、ダウンサイジングを提案するために彼に近づきました。 しかし、松下は従業員を1人でも解雇すると主張した。 彼は言った:

「この危機的状況は一時的なものかもしれません。 もしそうなら、これまでに入社した従業員を解雇するにはどうすればよいですか? あなたが彼を必要とするとき、あなたは彼を雇います、あなたが彼を必要とするとき、あなたは彼を解雇します. 一人でも解雇できない。 半日労働や半日生産の賃金は、たとえ 1% であっても削減されません。

代わりに、彼は新しい解決策を考案しました。それは、従業員が販売ケースにサンプルを入れて、より多くの注文を獲得しようとすることでした. これにスタッフが応え、大阪や京都にサンプルを持ち込んで活躍。 そんなこんなで、在庫はすぐに清算され、工場は通常の操業を再開した。

従業員を解雇する代わりに損失を受け入れることで、日本の債務王はパナソニックの活況を呈した時代を先導した.

1964 年 6 月、大阪で LIFE 誌にインタビューする増下幸之助。 写真: blogs.panasonic.com.au

1931 年、マシュシタの影響力は 200 種類の電気製品で全国に広がりました。 労働者は1,000人を超えました。 1935年、摩周下工場は摩周下電気ガス工業株式会社となる。 1938 年、マシュシタはテレビのモデルを製作しました。 1941 年、益下の事業は 10,000 人を超える従業員を抱える大企業に成長しました。

[1945年、戦後の日本、アメリカが日本を支配したとき、アメリカは日本企業に制限を課し、増下の会社を有力者リストに載せたので、私たちは彼に辞任を求めました。その際、何十回も渡米して交渉したが無駄だった。幸いなことに、これを知ったシンジケートは満場一致でそのディレクターを救い、増下はついに大物のリストから削除され、彼の地位を維持しました。

彼はこの困難から抜け出したものの、彼の事業は他の問題を抱え続け、会社の負債はますます蓄積されていました。 負債だけで10億円に達した。 彼は日本の「借金王」とあだ名された。 毎日の食事でさえ、彼は友人からの借金に頼らなければなりませんでした。 厳しい時代だったが、それでも彼を倒すことはできなかった。

パナソニックの繁栄期を迎えた「借金王」

1951年はマシュシタのタイトル再構築の初年でした。 今回、増下は市場調査のため、アメリカとヨーロッパを旅した。 その後、彼は米国で最初の生産工場の建設を開始し、次に東南アジア、ラテンアメリカ、アフリカ… 1955 年に、同社は初めてスピーカーを米国に輸出し、パナソニック ブランドの下で団結しました。 以来、このブランドの時代は広がり、日本経済の力強い発展の象徴となっています。

1960年、松下電器の資本金は150億円増資され、従業員も2万5000人増えた。 同年、マシュシタは「世界の巨人100人」で74位にランクされた. 1962年、アメリカン・タイムズ誌は増下の写真を表紙に掲載した。これは、日本人実業家の肖像画が表紙に掲載されたのは初めてであり、「マシュシタ・カンパニーのオーナー様、世界で有名な会社であり、商品は最高の品質と最も効果的な使用法を備えています。」

従業員を解雇する代わりに損失を受け入れることで、日本の債務王は非常に繁栄したパナソニック時代の先駆けとなった: 雇用が必要なとき、解雇したいとき、ビジネスに集中したい人 - 写真 4.

1961年、増下は67歳でパナソニックのゼネラルマネージャーを辞任し、取締役会長に就任した。 しかし、市場が低迷したこの 3 年間に、75 歳の男性は再び戻ってきて、「子供」が困難を克服するのを助けました。 1964年、増下はパナソニックの取締役会会長に就任することを決定し、一時的に同社の営業部長を務め、パナソニックの復活を成功させました。

彼のリーダーシップと努力の下、パナソニックは厳しい経済状況の中で急速に成長してきました。 1973年、石油危機が勃発したとき、パナソニックは再び苦境に立たされました。 増下は冷静に分析し、方向性と事業戦略を調整し、パナソニックが再び課題を克服するのを助けました。 今日まで、パナソニックは世界のリーダーであることを誇りに思っています。

パナソニックは何度も逆境に直面したが、運命に屈することを拒んできた。 松下幸之助の優れたリーダーシップの下、パナソニックは日々成長しています。 パナソニックの繁栄の歴史と相まって、創業者松下幸之助の名声はもはや単なる名前ではなく、精神的なイメージとなっています。

(合成)

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。