日本とフィリピンは違法な海事クレームに反対

日本が竹島と呼び、韓国が東シナ海の独島と呼ぶ紛争中の島々の概要。 ドキュメンタリー写真:AFP / VNA

日本とフィリピンの間の最初の「2+2」安全保障対話が東京で開催されました。 日本側の対話には林芳正外相と岸信夫国防相が参加し、テオドロ・ロペシン外相とデルフィン・ロレンザナ国防相がフィリピンを代表した。

会談後の共同声明の中で、両国の大臣は、法的根拠のない海事主権の主張、南シナ海南部での軍事化、強制活動、脅迫または武力行使に反対を表明した。 閣僚はまた、防衛と経済に関連する特定の分野での協力を促進し続けることを約束した。

双方は、自由で開かれたインド太平洋地域の目標を達成するために平和と安定を確立するための努力を強化することに合意した。 日本とフィリピンは、国際法に基づく経済秩序を確保することの重要性を強調し、経済安全保障を確保するための協力を促進することを求めた。

2021年11月、岸田文雄首相とフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、「2+2」形式の安全保障対話を開始することに合意した。 岸田文雄首相は4月8日、東京でフィリピンの閣僚を迎え、自由で開かれたインド太平洋地域の確保を目指して、双方が引き続き協力していくことへの期待を表明した。 フィリピンは、インドネシアに次ぐ、日本との2+2対話を行うASEAN2番目の国です。

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。