日本で殺害されたベトナム人女性

大阪府警は淀川区のアパートで、日本人の家主に殺害された可能性のあるベトナム人女性の死体を発見した。

大阪府は4月3日夜、大阪府淀川区三津屋中のビル2階のマンションで、50代の無意識の日本人男性が首を刺されているのを発見した。 彼らは現場で血まみれのナイフを見つけ、治療のために男性を病院に連れて行きました。

4月4日朝、現場に戻ると、警察はアパートで死んだ女性の遺体を発見した。 被害者の身元は、ベトナム国籍のVo Thi Le Quyenさん(31歳)で、建物の1階にあるお弁当店でアルバイトをしていることが確認されています。

4月3日の夜に警察によって発見された負傷者は、犯罪が起こったアパートの所有者でした。

4月3日に日本の大阪で犯罪が起こった建物。 YomiuriTVNewsのスクリーンショット。

お弁当店の防犯カメラは、4月3日の朝、男がドアを開ける音を訴えてレストランに行き、Quyenさんと一緒にレストランを出たことを示しています。 警察は、彼がアパートで犠牲者を不法に拘留し、次に彼女を殺し、そして自殺を試みたか、偽のシーンを作りたかったが失敗したと疑っている。

被害者の35歳の夫もベトナム人で、妻は大学を卒業して日本に移住し、約5年間住んでいたと語った。

「私の妻は子供の頃からこの国を愛しており、日本に自分の家を持ち、多くの人々に日本語を教え、家族を養うという彼女の夢を実現するために毎日一生懸命勉強しています」とQuyenの夫は言いました。 「警察に犯人を迅速に見つけて、法の下で適切に罰してほしい」と語った。

大阪府警は、日本人男性が病院で回復するのを待ってから事件を調査すると述べた。

デューク・チュン (によると NHK/ヤフージャパン)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。