日本でのnCoV感染数は記録を打ち立てました

2月3日現在の日本のCovid-19症例数は10万件を超え、病床利用率は前日比1.7%増の50%以上に達しました。

新たな発生の原因は、主にオミクロンの急速に広がる株によるものです。

日本は2月13日から2週間、東京と12都道府県の非常事態宣言を延長する予定です。 現在、国の47の部門のうち34が非常事態にあり、厳格なエピデミック防止対策の実施が必要です。

政府はまた、非常事態宣言を拡大し、酒場や企業の運営を制限し、東京近郊間の移動を制限して、健康と社会システムへの圧力を軽減することが期待されています。

2月3日、東京は2万件以上の新たな感染を記録しました。これは2月2日の記録である21,000に近いものです。政府は、西部の和歌山県を半緊急状態にすることを決定しました。

松野博一内閣官房長官は定例会談で、「一部の地域では新たな感染の数が減少しているため、制限的な半緊急措置はある程度効果的である」と述べた。

日本の東京の住民は、1月18日にCovid-19を防ぐためにマスクを着用します。 写真: ロイター

岸田文雄首相は、伝染性は高いが重篤な感染症はほとんど発生しないオミクロン変異体の特性に基づいて、疾病対応戦略を調整することを提案しました。

沖縄県は、1月上旬に非常事態宣言が発令された最初の地域の1つであり、1月7日から規制を緩和する予定です。 玉城デニー知事によると、エピデミック予防策と予防接種プログラムは、ウイルスの拡散を制限するのに役立っています。

それ以前は、オミクロンが出現しなかったとき、日本の感染数は非常に少なく、「説明のつかない」ものでした。 パンデミックの2年間、日本は常に西洋諸国よりもはるかに低い感染率と死亡率を示してきました。

アジア諸国での流行は、主に政府がすでにSARSとMERSを経験しているため、一般的にヨーロッパや南北アメリカよりも深刻ではありません。

トゥクリン (によると 共同通信)。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。