日本でのCOVID-19感染数は再び急速に増加しています

ロンググエン(日本のテレビジャーナリスト)2022年1月5日水曜日午後4時53分GMT+7

日本の厚生労働省は1月4日に、国がCOVID-19の1,151の新しい症例を記録したと述べた報告書を発表しました。 新たな感染件数が1日1,000件を超えるのは3ヶ月ぶりです。 新たな感染症は増加していますが、現在、入院を必要とする重篤な症例数は54例と非常に少なく、日本での死亡者数はほとんどありません。1月4日現在、症例数はわずかです。国内でのCOVID-19による死亡1例。

感染数が急速に増加するにつれてエピデミック状況が悪化するリスクに対処するために、日本は、特にオミクロン変異体について、エピデミックの予防と管理を直ちに強化しました。

日本の岸田文雄首相:「予防、早期発見、治療システムを強化し、侵入管理措置を維持します。オミクロン変異体の予防は、主に国家管理措置を通じて行われます。」

これに伴い、岸田首相は国の省庁や地方自治体にも予防接種の強化を要請しました。日本の予防接種の目的は常に予防接種を増やすことであり、2回の注射で予防接種を受ける人の割合はすでに80%です。 3回目の注射-ブースター注射が加速されます。

現在、日本はオミクロン変異型感染症の治療と隔離に重点を置いていますが、感染状況の高い地域では、医療システムへの圧力を軽減するために、住宅施設と自宅で治療計画を策定しています。 医療制度が整っている場合、非常事態を宣言する必要はなく、すべての活動は通常どおり継続されます。

*TVOnlineでVietnamTelevisionが放送する番組をフォローするように読者を招待します。 VTVGo

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。