日本でのゼレンスキーの演説は、311年の地震後の原爆と核災害について言及しました。 ゼレンスキー| ウクライナ| ロシア

[Epoch Times, 24 mars 2022]ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は23日、日本議会にビデオ演説を行い、核兵器の損傷、原発事故、サリンガステロ攻撃など、日本人が共感できることを取り上げました。 スピーチは、日本の岸田文雄首相、自民党の政治研究委員長である早苗隆一氏をはじめとする政治家、そして多くの人々の心を揺さぶった。

ウォロディミル・ゼレンスキーは23日、日本議会に(ビデオ)演説を行った最初の外国人指導者となり、「アジアで最初にロシアに圧力をかけ始めたのは日本だった」と述べ、ウクライナへの日本の即時援助に感謝の意を表した。 日本がロシアに経済制裁を課し続けることを期待している。

彼は、チェルノブイリ原子力発電所のロシアによる支配、核兵器を使用する脅威、そして日本が第二次世界大戦の終わりに原爆に見舞われたときの日本の危機の常識を探るためのサリンガスの使用の可能性について話しました。 。 IIと福島第一原子力発電所の原発事故は、311年の地震の後に発生しました。また、東京の地下鉄でサリンガス事故が発生しました。 彼はまた、国際機関と国連安全保障理事会が機能していないことを批判し、侵略を防ぐために「新しい手段」が必要であり、国連は改革されるべきであり、日本が国際的リーダーとしての役割を果たすことを望んでいると述べた。

岸田文雄氏は、ゼレンスキー氏のスピーチを聞いた後、メディアに次のように語った。 ウクライナの学校、病院など。 無差別に攻撃し、罪のない市民が次々と貴重な命を失いました。 民間人と民間施設への残忍な攻撃は容認されてはならず、ロシアによる残虐行為はウクライナ人に対して容認されてはならず、国際社会全体がそれらを支援すべきである。」

岸田文雄氏は、日本はロシアに新たな制裁を課し、ウクライナにすでに示した1億米ドルの人道援助に加えて、追加の人道援助を提供することを検討すると述べた。 日本とウクライナは同じ側にいることを覚えておく必要があります。

岸田文雄は、国連安保理の改革について、国際社会の平和と安定に大きな責任を負っている国連安保理常任理事国であるロシアが暴力行為を行っていると述べた。 安全保障理事会などの役割を見直す必要があります。

日本のリン・ファンチェン外相はメディアに次のように語った。「ゼレンスキーのスピーチを聞いた後、私はウクライナと日本に非常に親しみを感じ、スピーチの内容は非常に絶妙です。繰り返しになりますが、日本とウクライナは同じ側にいると思います。私たちは、グループ・オブ・セブン(G7)が率いる世界の国々と協力し、ロシアのウクライナに対する侵略の状況を終わらせるために最善を尽くします。できるだけ早く。

山地経済再生相は記者会見で、この政策は国と国民のために働き、国際社会の平和を創造し、国際社会の秩序を維持する役割を果たしていると述べた。 この意味で、ゼレンスキーは彼がそのような責任を引き受けたことを世界に示しました。 日本は最善を尽くすべきです。

日本の与党自民党の高市早苗会長は、「ゼレンスキーの演説は、ウクライナの再建を想像させるほど強力だ。彼の命を危険にさらした演説だ。彼は私の心を強く揺さぶった。私が共有したもの最も多かったのは国連改革への意向であり、「侵略を阻止するための新たな手段が必要」という言葉が私の心に刻み込まれている。

日本最大の野党である士官候補生の泉健太代表(議長)は、メディアに対し、「演説の内容を聞いた後、ゼレンスキー大統領がウクライナを守るために率先して行動する決意を感じた。ウクライナ国民とロシアの侵略を終わらせるさらに、国連が機能していないことは非常に苛立たしいことです。これを含め、ロシアへの経済援助の停止を提唱し、政府は可能な限りウクライナに供給することを求められます。

自由民主党と共同統治する公明党代表(党首)の山口奈津夫氏は、メディアに対し、「(ウクライナの)侵略の場合、ゼレンスキーの言葉は誠実で感動的だった。 彼の日本への近さ、そして彼の日本への贈り物。 私が深く尊敬している最も誠実な言葉。 国連がロシアの残虐行為を阻止できなかったことから判断すると、二度と起こらないメカニズムを積極的に確立することを期待しており、日本も国際秩序を損なうことのないメカニズムを確立すべきである。 がんばってね。

日本共産党の塩和夫会長(党会長に相当)はメディアに対し、「ゼレンスキーのロシアに対する侵略と戦争犯罪、祖国の独立を擁護するという彼の深い怒りと強い決意を感じることができる。それは必要である」と語った。日本がロシアに対して行動を起こすために。 ウクライナの再建のための経済制裁と非軍事的支援。 化学兵器や核兵器の使用の絶対禁止について必ず話し合ってください。」

ゼレンスキーの演説について、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際作戦委員の川崎哲氏は、「ゼレンスキーは、化学兵器や核兵器などの通常兵器に対するウクライナの脅威を感じ、非人道的な扱いに直面した可能性がある。 。 。 この状況には強い危機感があります。 直接は言わなかったが、広島、長崎、福島の原爆投下(原発事故)の話をしているように感じた。

川崎氏は、「大危機のリーダーだったゼレンスキー氏が、戦後の国際秩序と彼の考えを取り戻すことの重要性について世界に語りかけたことに驚き、感動した。感動した。ゼレンスキー氏がその役割を強調したと信じている。日本が演じるべきであるためには、日本は将来、国際社会の不正をどのように再検討するかを議論する必要があります。

インターネット上の多くのネチズンは、ゼレンスキーの演説を確認しました。 一部のネチズンは、「とても落ち着きのあるスタイリッシュなスピーチで、キーワードがうまく捉えられている」、「ゼレンスキーのスピーチと原発事故の痛み、サリンガスの犠牲者などが世界中の人々の共感を呼んだ」と書いている。日本人の心に何を触れるかについて」

一部のネット市民はまた、「ゼレンスキーは日本人が聞きたいことを研究するのに非常に恥ずかしいと思う」、「感情的な訴え方は非常に日本人である」、「日本は第二次世界大戦後の平和的な外交を主張したので、ゼレンスキーは尋ねなかった日本は武器などの困惑した要求を提供するが、日本が国際社会がロシア経済に圧力をかけるのを助けることができることを望んでいる」、「おそらくゼレンスキーは日本が限られた方法で助けることができることを理解しているので、他の国での彼のビデオスピーチと比較して、日本議会ではビデオスピーチコンテンツはより制限されています。

(中央通信社)

担当編集者:Zhong Yuan

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。