日本が3回目の混合ワクチン研究データを発表

日本の東京では、医療従事者が人々にCOVID-19ワクチンを接種しています。 写真:AFP / VNA

東京のベトナム通信社の特派員によると、この研究は、ファイザー/バイオエヌテックワクチンの3回目の接種を受けた2,826人と、ファイザーの2回目の接種を受けた後にモデルナの3回目の接種を受けた773人を対象に実施されました。

有効性に関しては、3回目の注射から1か月以内に、ファイザー/バイオエヌテックワクチンのキャリアに対する抗体の増加は54.1%でしたが、この率は、Modernaのワクチン接種を受けた人々では67.9%でした。 同時に、研究結果はまた、3回目の注射後のSARS-CoV-2ウイルスのオミルコン変異体に対する有効性も、ワクチンを2回だけ投与された人よりも高いことを示しました。

副作用としては、ファイザー/バイオエヌテックワクチンの3回接種を受けた人の21.4%が摂氏38度以上の発熱、69.1%が体の痛み、55%が頭痛でした。 モデルナのワクチンの3回目の接種を受けた人々の同じ指数はそれぞれ49.2%、78%、69.5%でした。 これらの症状は、主にワクチン接種後2日目に顕著になり、翌日には徐々に減少しました。 さらに、ファイザー/バイオエヌテックのワクチン接種後に心筋炎の疑いのある症例が2例ありましたが、深刻さはありませんでしたが、モデルナワクチンを接種した人には同様の症例は記録されていませんでした。

研究チームの一員である順天堂大学の伊藤澄信教授によると、抗体産生のレベルは、同じワクチンと3番目の異なるワクチンを接種した場合の副作用のレベルに反比例するようです。 つまり、同じワクチンを接種すると、抗体の産生は少なくなりますが、副作用のリスクは低くなります。一方、異なるワクチンを接種すると、抗体の産生は多くなりますが、副作用のリスクは高くなります。 したがって、個々のニーズに応じて、人々はCOVID-19予防の3回目の投与に適切なワクチンを選択することができます。

日本の厚生労働省のデータによると、2月18日の終わりまでに、国内の169,146人がワクチンの3回目の接種を受けており、これは人口の12.6%に相当します。 そのうち71.9%がファイザー/バイオエヌテックワクチンを選択し、28.1%がモデルナワクチンを選択しました。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。