日本が24年ぶりに円買いに踏み切る

(thitruongtaichinhtiente.vn) – 9 月 22 日、日本の財務省は、日本が急激な円安の中で外国為替市場に介入したと発表した。 輸入コストの上昇が経済を圧迫しているため、通貨をサポートするための介入は24年ぶりです。

9 月 22 日遅くの記者会見で、鈴木俊一財務相は、政府が不安定な市場の動きを防ぐために外国為替市場に介入していると述べたが、この介入の正確な時期は特定しなかった。

鈴木氏はまた、日本が一方的に通貨市場に参入したかどうかについてもコメントし、世界第 3 位の経済大国である日本政府は、介入について他国の外国人投資家から理解を得ようと懸命に取り組んでいると指摘しました。

鈴木氏は、円買いは「ある程度の効果があった」と述べ、政府は日銀と「緊密に連絡を取り合い」、「適切な政策を実施」して状況を制御し、外国為替市場の変動を管理すると約束した. .

岸田首相は国連総会出席後のニューヨークでの記者会見で、日本は「過度な為替変動に対して断固たる行動をとり続ける」と述べ、必要に応じて東京が再び市場に介入できることを示唆した。

財務省の上級官僚である神田氏はその日の早い段階で、円がドルに対して24年ぶりに安値を付けた数時間後に、日本は円がさらに下落するのを防ぐために「いつでも」市場に介入できると述べた。

投資家は、日本銀行(BOJ)が財務省の要請に応じて、金融市場で円を買うために、保有する米国債などのドル建て資産を売却しただろうと述べた。

公式データによると、8 月末時点で、主に外貨建ての債券と預金からなる日本の外貨準備高は 1 兆 2,900 億ドルに達しています。

米国連邦準備制度理事会が 9 月 21 日にベンチマーク金利を 0.75% 引き上げ、インフレの上昇に対処したという事実は、米国と日本の金利差が拡大し続けるという市場参加者の見方を裏付けています。 神田のコメントに先立って、ドルは木曜日に東京で1998年以来の最高水準である145円を超えて上昇した.

円の買いは、日本の当局が円の急速な下落に対処するためにすべてのオプションが提示されたと述べた後に行われた.

しかし、多くのアナリストは、輸入コストを押し上げる可能性のあるドルの減価を明らかに懸念している米国から同意を得るのは難しいため、日本が引き続き米ドルを売却できるかどうか懐疑的です。

神田が日本の通貨市場への介入を発表する直前に、ドルは円に対して急激に下落した。 ただし、一部のトレーダーは、日銀の大幅な金融緩和により、介入の影響は限定的である可能性があると述べています。

円安は、日本製品が海外で安くなるため、輸出に恩恵をもたらすことが多く、海外での販売額は円換算で増加しますが、輸入価格は上昇します。 日本は、エネルギー需要の 90% 以上を輸入に依存しています。

今週初めの政府データによると、日本のコア消費者物価は 8 月に前年比で 2.8% 上昇し、ほぼ 8 年ぶりの高値を記録し、12 か月連続の下落となりました。

日本政府が最後に円を買う代わりに売ったのは、2011 年 10 月と 11 月で、通貨がドルに対して 75.32 の戦後最高値を記録した後です。 . その年の3月、壊滅的な地震が東北日本を襲った。 2012 年 12 月に安倍晋三氏が首相に就任した後、強力な金融緩和、財政支出の拡大、成長戦略を含む「アベノミクス」と呼ばれる経済政策の実施の一環として、円は下落傾向にありました。

米財務省当局者は、円が対ドルで急激に下落する中で、ワシントンは日本の外国為替市場への介入を理解していると述べた。

しかし、当局者は、米国が介入に関与したことを否定しました。

日本の鈴木俊一財務相は、東京が移動中の他の国々と調整するかどうかについて言及することを拒否した.

欧州中央銀行(ECB)の当局者も、ECB の関与を否定しました。

Tsuda Asami

「コーヒーの専門家。謝罪のないツイッターの第一人者。熱心なテレビ学者。インターネットの先駆者。アルコールの擁護者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。