日本が開くのを待っている留学生

Adeline Lengは、多くの学生が中退したり、留学したりするため、日本に来るのを待ち続けています。

アデリーヌ・レンは昨年4月に日本の語学学校に留学する予定でしたが、厳しい国境管理政策のためにまだ通うことができませんでした。

Adeline、26歳、16か月前に申請。 それ以来、シンガポールの高校生は待つことしかできません。 とのインタビューで 共同通信 最近、アデリーヌは時間の経過でストレスを感じていたが、日本に留学することはできなかったと打ち明けた。

AdelineLengが会社にオンラインインタビューを行いました 共同通信 1月14日にシンガポールの自宅から。 スクリーンショット

日本は、世界保健機関(WHO)がオミクロンを心配そうに拡散しやすい変種として特定した翌日、2021年11月下旬から市民または永住者ではない外国人の入国を禁止しました。

アデリーヌには日本人の祖母がいます。 彼女はシンガポールで生まれましたが、10歳のときにオーストラリアに移住しました。 昔、アデリーヌは日本に来て住みたいと思っていました。 彼女は13歳か14歳のときに両親にこの願いを伝えたことを覚えていますが、「100%日本人ではない」ため、言語や文化の壁に直面すると言われました。

それでも、アデリーヌは日本に行くのを楽しみにしています。 彼女は高校生の時に言語を学び始めました。 アデリーヌは建築と都市デザインの修士号を取得していますが、「建設部門はうまくいっていない」と感じたため、パンデミックの開始時にデジタルデザインに転向しました。

またこの頃、彼女には日本に住んでビジネスをしているオーストラリア人のボーイフレンドがいました。 Adelineの目標は、ある日、日本のテクノロジー企業で働くことです。

アデリーヌによれば、外国人に対する日本の入国制限は厳しすぎる。

志を同じくする友人がヨーロッパ諸国に移住した一方で、ブラジルのメデイロス出身のアナイス・コルデイロは彼女の選択に忠実であり続けています。 彼女は日本に留学する計画が煙に包まれていたにもかかわらず、日本をあきらめなかった。

29歳の彼女は2020年4月から2年間東京の大学院に通う予定です。パンデミックの状況が悪化したとき、彼女は仕事を辞め、車を売り、リオブランコ市の自宅に物を置きました。しかし、最終的には日本にたどり着くことができませんでした。

留学生は日本が国境を開くのを待っています-1

Anais Cordeiro de Medeiros(左)は、2020年2月にリオブランコ市の自宅で親戚と一緒に写真を撮ります。写真: Anais Cordeiro de Medeiros

時差は午後2時ですが、東京でオンラインで授業を受けることにしました。 アナイス氏は、渡航禁止令は「間違いなく「社会的悪影響」をもたらすだろう」と述べた。

「私は脅威ではありません。私はただの学生です」とブラジルの女子高生は言いました。

修士論文を2年近く遠隔研究で修了し、日本行きの便を「10回以上」予約した後、卒業が間近に迫っています。 禁止が緩和されれば、彼女は3月中旬に東京で行われる卒業式に出席することができます。

現在、留学生の日本留学を支援する東京を拠点とする会社を経営しているダビデ・ロッシは、「二重基準」政策を「完全に不公平」かつ「かなり不必要」と非難した。

「政府は、外国人の入国禁止を、外国人だけがオミクロンを持ち込むことができるかのように、オミクロンを防ぐ方法として解釈している」とロッシ氏は述べた。 。

2008年、ロッシはイタリアを離れ、言語を学ぶために東京に行きました。 英国は昨年春、国境管理措置の影響を受けた留学生を支援し、情報を共有するために「安全な学習のための国境開放」と呼ばれる協会を設立しました。

「大きすぎたので、自分ですべてを変えることはできませんでしたが、生徒たちのために何かをすることにしました」とロッシは言いました。

ロッシによれば、かつて日本を愛していた学生の多くが「憎しみに対する態度を変えた」とのことです。

日本の文部省によると、約147,000人が日本への入国を待っていますが、「かなりの数」の人はもう来たくないでしょう。

日本への入国禁止は、WHOを含む国際的に批判されている。 組織は加盟国に対し、1月中旬までに海外渡航禁止令を解除または緩和するよう要請した。

多くの国内企業も、こうした措置が外国人労働者や有能な研究者の数を減らすことにより、経済に長期的な悪影響を与える可能性があることへの懸念を表明している。

しかし、国境を引き締める政策は、日本人の大多数によって支持されています。 松野博一内閣官房長官は、政府は「2月末まで」国境管理を維持すると述べた。

ロッシ氏は、留学生がそれに応じて準備できるように、政府は外国人の入国をいつどのように許可するかについて「明確な基準と時間割」を考え出すべきだと述べた。

「グローバリゼーションのこの時代において、渡航禁止令は、日本にとっても世界にとっても、日本人にとって有益ではありません」とアデリーヌは言いました。

夜明け (によると 共同通信)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。