日本が最初のベトナムのサッカーコミックをリリース

角川出版社は、両国の子供たちにスポーツとチームワークの精神を広めたいという願いを込めて、ベトナムサッカーに関するシリーズを出版しています。

ゴールソン日本の芸術家馬場民雄が制作した漫画シリーズは、母親がベトナム人であるソンという混血の少年の物語です。 彼の息子は、ブラジル人の父親がここで働くようになった後、勉強のためにベトナムに移りました。

ベトナムでは、サッカーに情熱を注いでいるソンは、ティーンエイジャーのグループと仲良くなり、彼らのチームが無敵になるのを助けています。

3月28日、ヴー・ホンナム駐ベトナムベトナム大使との会談で、門川出版社所長の青柳正幸氏が希望を表明した。 ゴールソン 両国の子供たちの間でスポーツとチームワークの喜びを広めるでしょう。

マンガ紹介の青柳正幸さん(左から3人目)」ゴールソン“。 写真: TTXVN

ダナンのドラゴンブリッジやマイケビーチなど、ベトナムの有名な名所や観光名所がこのシリーズに含まれており、外国人がベトナムの国や人々をよりよく理解できるようになっています。

「門川を含む日本の出版社は、主にベトナムのパートナーと協力して日本の漫画をベトナム語に翻訳した」とマサユキ氏は語った。 「しかし、これらの物語の主人公はベトナムの文化を適切に反映していないことに気づいたので、ベトナムを舞台にベトナムの文化を伝えるコミックシリーズを作成することにしました。」

出版社は、日本のベトナム大使館を通じてベトナムの子供たちに1,000冊の童話を寄贈します。 ヴー・ホンナム大使は出版社に感謝し、ベトナムと日本が外交関係樹立50周年を祝う準備をしているので、シリーズのリリースは重要なイベントになるだろうと述べた。

彼はまた、このシリーズが5月に発売されるベトナムの子供たちに温かく歓迎されると信じています。彼らはまだ日本の漫画を愛しており、サッカーはベトナムの「キングスポーツ」と見なされているからです。

シリーズに加えて、門川氏はハノイ大学とベトナムの他の出版社と協力して、ベトナムで作成された多くのマンガシリーズを制作すると述べた。

アーティストの馬場民雄は、1968年4月10日に岡山県で生まれました。 彼は岡山大学教育学部を卒業し、次のような多くの典型的な作品を持っています。 アダムズエール、ニジイロラーメン、メニャダイロードナルティオア

ホンハン (によると TTXVN)。

Mukai Mamoru

「旅行オタク。筋金入りのビールの専門家。熱心なウェブ愛好家。流行に敏感なベーコン狂信者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。