日本、処理済み放射性水を放出:科学対政治

8月24日の日本の福島原子力発電所の航空写真 – 写真:ロイター

8月24日、抗議や懸念にもかかわらず、福島原子力発電所からの放射性物質処理水の最初の3立方メートルが海に放出され、中国が抗議する一方、韓国は慎重に見守り、米国は日本の決定への支持を表明した。

水はほとんど心配です

中国では、この動きは大きな懸念を引き起こし、北京、上海、その他の都市の住民は将来の食卓塩が放射能に汚染されるのではないかと恐れて塩の購入に殺到した。

中国当局は日本からの全ての水産物の輸入を禁止した。 中国外務省は駐日日本大使を呼び出すなど強硬に対応し、日本の行動は長期にわたって国際社会から非難されるだろうと強調した。

同省は声明で「原発事故で汚染された水を人間が海洋に放出した例はなく、受け入れられた処理基準もない」と述べた。

日本に最も近い国である韓国では、8月25日に政府が福島原発からの放射性物質が海に放出されたことを確認した。

政府政策調整室のパク・クヨン副室長は、「これまでのところ、退院は当初の予定通り安定的に進んでおり、異常な状況はないと理解している」と述べた。

朴大統領はまた、韓国政府が両国の総局と外交機関の間の「二重ホットライン」を通じて廃棄物の海洋投棄プロセスを注意深く監視し、分析していると強調した。

しかし、韓国は依然として懸念を表明し、国民の不安を和らげるために国産魚介類の放射性物質検査を増やすと発表した。 朴大統領は「政府は国民の安全と健康に影響を与えないよう最善の措置を講じ監視を継続する」と述べた。

これに先立ち、韓国与党・国民の力党(PPP)は野党・民主党(民進党)に対し、日本の廃棄物処理問題について「国民に恐怖を植え付けるのをやめよう」と求めた。

PPPはまた、野党がこの事件を利用して現政権の信用を傷つけ、民進党の内部問題を隠蔽しようとしているとも考えている。

出典: ロイター - データ: DUY LINH - グラフ: TAN DAT

出典: ロイター – データ: DUY LINH – グラフ: TAN DAT

排出基準はあるのか、ないのか?

福島原子力発電所は、東京から北東に300キロ以上離れた太平洋岸に位置しています。

韓国や中国との国境海域には面していないが、世論と野党は、海流によって福島の汚水が両国の海岸、さらにはタイのビンズオン島にまで運ばれるだろうと主張している。

日本政府の計画によると、福島原発の処理水は計134万㎥が海に放出される。

埋め立てプロセスには、工事と影響評価のため、最大 30 年かかる場合があります。 このうち、日本は2023年8月から2024年3月までに、放出すべき水の約2.3%に相当する3万1,200立方メートルを放出すると見込まれている。

日本の当局は、貯水池は満杯であり、放出された水は人間の安全基準を満たしているため、処理水の放出が必要であると主張した。

東京都は、放流前に水から62種類の放射性元素を除去し、放射性同位体、トリチウム、その他の放射性痕跡のみを残すと発表した。

国際原子力機関(IAEA)はすでに福島原発を査察している。

2023年7月に日本を訪問した際、IAEA事務局長は日本の計画を支持し、計画は世界的な安全基準を満たしており、地球、人々、環境への放射線影響は「無視できる程度」にとどまると述べた。

IAEAの声明は重要な安心感を与えるものとみられていたが、批判を和らげるには至らず、それは中国の反応からも明らかだった。

韓国政府は、日本との二国間関係が改善したばかりであることを踏まえ、安心感を与え、行き過ぎないよう努めている。

東京電力、発電所運営者、IAEA、韓国原子力安全研究院はいずれも、ウェブサイトへの放出データのアップロードを開始した。 注目すべきことに、東京電力は放射線レベル、放出率、トリチウムレベルなどの詳細なデータを毎時間アップロードしています。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です