日本、ウクライナ向けバイオ燃料技術を支援

バイオ燃料は、石油から抽出されるのではなく、バイオマスから生成されるガソリンです。

日本企業は再生可能エネルギー発電技術と関連機器を提供することで合意した。 東京都は、農産物や燃料として利用できる資源が豊富な国であるウクライナでバイオ燃料技術が新たな産業を生み出すことを期待している。

アメリカやヨーロッパの同盟国とは異なり、日本は平和憲法に基づき武器輸出を自主的に禁止しているため、復旧・復興支援策を通じてウクライナへの支持を表明せざるを得なくなっている。

農業や畜産の廃棄物から製造されるバイオ燃料は発電に利用でき、脱炭素化を牽引する技術の一つとして注目されています。

日本政府関係者は、「活動が再開されれば、ウクライナに有望な輸出品が提供され」、同国の外貨収入増加につながる可能性があると述べた。

日本政府はまた、エネルギー、医療、インフラ分野への民間投資を通じて中長期的な支援を提供することを目指し、会合に先立ってウクライナのニーズを調査した。

日本はバイオ燃料に加え、3Dプリンティング技術で作られた義肢や心的外傷後ストレス障害の治療技術も提供する予定だ。 日本はまた、ウクライナへの遠隔医療やスマート農業技術の導入も計画している。

具体的な計画は、2月19日に東京で予定される日本とウクライナの経済再建促進を目的とした会議で提示される予定だ。

Sakamoto Suzu

「ビールの第一人者になりたい。テレビ中毒者。完全なインターネット忍者。受賞歴のある主催者。誇り高い起業家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です