故安倍晋三首相の政治キャリアを振り返る

安倍氏は政治的な伝統を持つ家族に生まれ、元外務大臣の息子であり、元日本の首相の孫である。 1993年、安倍氏は父親の死後、日本の衆議院議員に当選した。

彼は 2006 年に初めて日本の首相に就任し、第二次世界大戦後最年少の首相となった。 1年後、彼は健康上の理由で辞任を発表した。

彼は2012年に再び日本を率い、低迷する経済を立て直し、日本国憲法を改正して正式な軍隊を創設するという夢を実現すると約束した。 約8年間その職に就いた後、長期にわたる腸疾患のため辞任を決意した。

しかし、この時までに同氏に対する国民の支持は薄れており、新型コロナウイルス感染症パンデミックへの対応や、解任された党員への支持などで広範な批判を受けた。

2期目の任期中、彼は日本経済に安定をもたらしたとみなされた。 彼は日本のデフレサイクルからの脱出を支援し、ドナルド・トランプ前米大統領政権との関係を安定させ、日本の最大の貿易相手国である中国との関係改善に努めた。

彼は、金融緩和と規制改革を通じて国の経済を回復することを目的とした、彼の名前を冠した経済改革計画「アベノミクス」で有名です。

彼はまた、長年の予算削減を経て日本の防衛支出を増加させ、軍事力の能力を拡大した。 2014年、彼の政府は第二次世界大戦後初めて日本軍の海外での戦闘を許可し、歴史的な転換点を作り出した。

2015年、自衛隊による集団的自衛権の行使や同盟国の防衛が解禁された。 しかし、安倍氏は日本の正式な軍隊を創設するという約束を果たせなかった。

同氏は指導的地位を維持しながら権力を強化し、数々のスキャンダルを克服できる安定した首相とみなされている。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です