戦国時代の遺物は200万米ドル以上の費用がかかりました

戦国時代(中国)の青銅製の花瓶は、3月24日に270万ドル以上で購入されました。

米国で開催されたクリスティーズのアジアンアートウィークオークションでは、骨董品は30万ドルから始まりました。 によると 、作品は2000年以上前、高さ43cm。 花瓶の形や模様は豊富ですが、起源についてはあまり情報がありません。 作品の元オーナーはアメリカ人夫婦、骨董屋で、1996年以前に骨董品を購入していました。夫はソフィア大学(日本)の中国美術の教授でした。

2、000年以上の歴史を持つブロンズの花瓶が競売にかけられました。 写真:

この作品は、ダンス、狩猟、戦争など、紀元前の時代の人間の活動を描いています。 戦国時代には、国々の家臣が互いに戦い、戦いのない年はほとんどありませんでした。 したがって、戦争中の派閥を表す形式は、この時代の古代遺物に非常に頻繁に現れます。

この作品は、槍を持った兵士、戦闘用の盾、斬首された人物を特徴としています。 さらに、花瓶は海戦のシーンを再現し、ドラマーがボートの前で殴打して兵士の士気を高めます。 底の近くにはパビリオンがあり、女性が衣服を織る場所であると考えられています。

アンティークの花瓶の形。 写真:価値

アンティークの花瓶の形。 写真:

一方、作品は上、右、左に太陽と月を表しています。 下の図では、弓と矢を持っているか、馬車に乗って鹿、ウサギ、虎、イノシシを狩っています。 長いドレスを着て踊りを披露する女性像の列。

現在、中国の北京にある故宮博物院では、アンティークと同じくらい古い花瓶が競売にかけられています。 この時代の青銅器は、女性が桑の葉を摘んだり、矢を放ったり、踊ったり、戦ったりするような形をしていることがよくあります。

彼のような (によると )。

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。