成人向け日本脳炎ワクチン接種スケジュール

成人用日本脳炎ワクチン 病気を予防し、個人だけでなく地域社会や社会の健康の質を向上させることを目的とした対策です。 この病気の特徴と成人の予防接種スケジュールを見てみましょう。

1. 成人用日本脳炎ワクチンに関する一般情報

1.1. 成人の日本脳炎とは何ですか?

日本脳炎は、アルボウイルス B 型と呼ばれるウイルスによって引き起こされる病気です。このウイルスは鳥や豚に炎症を引き起こします。 その後、この病気は蚊に刺されることによって人間に感染します。 蚊は感染した動物から血を吸い、刺されて人間に病気を伝染させます。

日本脳炎は潜伏期から回復までいくつかの段階を経て発症し、約2~3週間続きます。 この病気は非常に急速に進行し、迅速に検出して治療しないと神経系に深刻な影響を及ぼします。 この病気は中枢神経系の炎症反応や感染を引き起こし、それによって神経系のさまざまな種類の細胞に深刻な損傷を引き起こします。 実際、1924 年にこの病気は日本で大流行し、数千人の死者を出しました。

日本脳炎はアルボウイルスB型と呼ばれるウイルスによって引き起こされる病気です。

日本脳炎は 15 歳未満の子供に発生することが多いですが、成人でも発生する可能性があります。 成人がこの病気に罹患すると、手足の麻痺、てんかん、運動障害、神経系への影響などの危険な合併症を経験する可能性があります。

1.2. 成人の日本脳炎の特徴は何ですか?

統計によると、成人の日本脳炎は流行には至らず、通常、年の特定の月(5月から8月)に発生します。 この時間は約56.7%を占めます。 さらに、女性の病気の割合は男性よりも高くなります。 この病気に最もかかりやすい年齢は16歳から45歳の間です。

小児ほど頻度は高くありませんが、成人が日本脳炎にかかると、症状が急速に進行し、神経系に急速な障害を引き起こします。 潜伏期間(通常約1週間)を経て、高熱、嘔吐、倦怠感、眠気、けいれん、昏睡などの症状が現れます。 病気が進行した段階では、意識障害、錯乱、けいれん、昏睡状態になることもあります。 このとき、ウイルスが侵入し、中枢神経系の器官(脳実質、脊髄など)に損傷を与えました。 神経系障害の症状に加えて、患者は皮膚の発疹、低血糖などの他の症状を発症することもあります。 圧迫感、脈拍の弱さなど。 患者がタイムリーな治療や緊急治療を受けないと、死亡や生命を脅かす状態につながる可能性があります。

1.3. なぜ成人に日本脳炎の予防接種をする必要があるのでしょうか?

成人の日本脳炎に対する完全なワクチン接種は、後に神経系に影響を与える危険な合併症のリスクを制限するのにも役立ちます。

完全なワクチン接種は、後に神経系に影響を与える危険な合併症の可能性を制限するのにも役立ちます。

上で述べたように、日本脳炎は死亡を引き起こしたり、肺炎、気管支炎、尿路感染症、栄養障害、四肢麻痺、精神障害などの患者の健康に影響を与える合併症を引き起こす可能性があります。 さらに、現時点では、小児の日本脳炎には成人の場合と同様に特異性がありません。 治療は行われますが、対症療法のみに焦点を当てています。 したがって、この病気にかかる可能性を防ぐために、保健省は成人が日本脳炎の予防接種を積極的に受けることを推奨しています。 日本脳炎に対する成人のワクチン接種は、個人だけでなく地域社会や社会の健康も改善するのに役立ちます。 さらに、完全なワクチン接種は、その後神経系に影響を与える危険な合併症の可能性を制限するのにも役立ちます。

1.4. 成人向け日本脳炎ワクチン接種スケジュール

– Jevax ワクチンの場合: 合計 4 回のワクチン接種が必要です。 最初の注射はできるだけ早く行う必要があります。 2回目の注射は、最初の注射から約1〜2週間後に行う必要があります。 3 回目の注射は 2 回目の注射から少なくとも 1 年後に行う必要があります。 4回目の注射は追加注射であり、3回目の注射から約3年後に投与する必要があります。

– Imojev ワクチンの場合: 1 回の注射のみが必要で、18 歳以上の人に投与できます。

2. 成人に対する日本脳炎ワクチンが禁忌となるのはどのような場合ですか?

成人は治療計画に従って日本脳炎のワクチンを完全に接種する必要があります。

子供も大人も含め、治療計画に従って完全にワクチン接種を受ける必要があります。

– ワクチンの有効成分に対するアレルギーの既往歴のある人。

– 免疫系または免疫不全に関連する疾患の病歴のある人。

– 放射線療法または化学療法で治療された HIV または AIDS 患者。

– 妊娠中または赤ちゃんに授乳中の女性。

– 注射後にアナフィラキシーショックの既往歴のある人。

– 患者はおできの治療を受けています。

3. 日本脳炎の予防策

日本脳炎の可能性を防ぐために、私たちは注意を払い、次のことを行う必要があります。

– 清潔な生活環境を維持し、蚊の居住を制限します。 これは日本脳炎の可能性を防ぐだけでなく、蚊によって引き起こされる他の病気であるデング熱も防ぎます。

– 就寝中に蚊帳を使用する、定期的に蚊にスプレーするなど、蚊を予防および駆除するための措置を講じてください。

– 子供も大人も含め、治療計画に従って完全にワクチン接種を行ってください。

– 病気になった場合は、すぐに評判の良い病院に行き、緊急治療を受け、迅速な治療を受ける必要があります。

アドバイスが必要で、日本脳炎ワクチン接種を計画している場合は、Thu Cuc TCI までご連絡ください。迅速な対応が可能です。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です