専門家、ベトナムが日本との協力資源から恩恵を受けるための計画を「寄付」

議論に参加する代表者たち(写真:JICA)。

ベトナムと日本の公式外交関係樹立50周年を記念して、ホーチミン国立政治アカデミー(HCMA)は国際協力機構(JICA)と協力して一連のイベントを企画した。

9月18日、両ユニットは「ベトナム発展の各時期に応じた日越経済協力関係と展望」に関する知識と科学的知見を共有するためのプレゼンテーションとディスカッションイベントを開催した。

午前のプレゼンテーションセッションには、アカデミーの高度な政治理論コースに参加している企画部門の若手リーダーやマネージャーの学生800人以上が集まりました。 同日午後の討論会にはアカデミーの教師や研究者ら80人以上が参加した。

プレゼンテーションとディスカッションセッションには、早稲田大学名誉教授のトラン・ヴァン・トー教授と専修大学の池辺良教授が出席し、発表を行いました。

トー教授は、戦後50年間のベトナムの経済発展の各時期に基づいて、ベトナムと日本の経済協力関係を総合的に評価した。

さらに同氏は、同様に日本の資源に投資を受けている他のアジア諸国と比較して、ベトナムが日本の資源を活用する能力についてコメントした。

同教授によると、ベトナムはこの資源を適切に活用できていないが、国家資源を強化し、2つの資源を効果的に連携させることでベトナムはさらに発展できるという。

池辺良教授は、FDIの波の影響によるベトナムの経済成長と工業化の過程と、この資本源によって生み出された経済効率について説明しました。

同教授は、ベトナムにとって中所得国の罠を回避するには労働生産性を向上させることが重要だと述べた。 同時に、工業化を促進するには、ベトナムは産業を支援する政策を講じる必要があります。 産業が FDI 資本の付加価値を開発し増加できるよう支援します。 。

セミナーでの講演では、准教授、博士号が授与されました。 アカデミー国際協力部門の責任者であるホアン・ヴァン・ギア氏は、ベトナムと日本の間、またアカデミーとその教育、訓練、政策諮問機関、特に日本との間の傑出した成果を強調した。

同氏は、日本の政治経験や開発経験を共有する分野における両国間の協力活動を強調し、それによってベトナムと日本の広範な戦略的パートナーシップを深化させ続けることに貢献したと強調した。

JICAベトナム事務所の菅野雄一所長は、JICAがワークショップやセミナーを開催する貴重な機会を創出してくれたアカデミーに感謝の意を表した。 同氏はまた、JICAがベトナムの持続可能な発展に貢献するためにさらに努力することを強調した。

JICAは、日本の発展と近代化の過程における経験や教訓を途上国と共有することを目的として、途上国の主要大学を対象に「JICA CHAIR」プロジェクトを実施しました。

ベトナムでは、このプロジェクトは2021年から実施されており、今回のパネルディスカッションは、両国の協力の下で開催された前述の「JICA CHAIR」会議シリーズのイベントの1つです。

一連の出来事は、研修機関と人材育成機関の間、特に政策コンサルティングにおける研究開発協力、そして一般的にベトナムと日本の間の広範な戦略的パートナーシップを強力に促進するのに役立つことが確認された。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です