富山大学、パーキンソン病の発症メカニズムを解明|LocoBeeトラベルチャンネル

富山大学はパーキンソン病の発症メカニズムを解明したと発表した。 によると MSDマニュアルこれは、静的振戦、筋緊張の増加、運動低下および運動緩慢、および最終的な姿勢および/または歩行の安定化を特徴とする、ゆっくりと進行する変性疾患です。 これにより、将来的には新たな治療法が見つかる可能性が広がります。

同研究は、富山大学「薬学・日中学」専攻の酒井秀則教授、藤井拓人助教らのチームによるもの。

パーキンソン病は、静的震えを引き起こす治療が難しい病気です。 研究チームは原因を解明するため、脳の神経細胞にある「PARK9」というタンパク質に注目し、その機能を解析した。 さらに、通常の4倍に蓄積した薬剤「α-シヌクレイン」で「PARK9」の働きを阻害する実験も行った。 このため、「PARK9」の機能異常がパーキンソン病の発症につながることが判明したのです。

パーキンソン病に対する現在の従来の治療法は症状を軽減し、病気の悪化を遅らせるだけであり、効果的な治療法はありません。 このメカニズムを発見することで、科学者がこの病気を効果的に治療するための新薬を開発できることが期待されます。

頭頸部がんに対する免疫細胞療法

ソース: 日本放送協会

発売元: ロコビー

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です