安倍前首相の国葬に米副大統領が参列

安倍晋三元首相の写真は、東京の日本の自民党本部に厳粛に置かれている(写真:ロイター)。

日経 報告によると、米国のカマラ・ハリス副大統領は、9月27日に行われる安倍晋三元首相の国葬に米国政府の代表として出席する予定です。

ハリス氏にとっては、米国副大統領として初めての訪日でもある。 東京では岸田文夫首相と会談する。

これに先立ち、岸田文夫首相は7月14日の記者会見で、日本政府は秋に安倍晋三元首相の全国追悼式を行うと発表した。 岸田氏は、安倍前首相の日本の政治、経済、外交における功績が国葬を行う理由であると述べた。

岸田氏は、安倍氏の追悼式を全国的に行うことで、日本は民主主義を守り、暴力に屈しないという決意を強調したかったと説明した。

日本の元首相の国葬は戦後2回目。 これに先立ち、1967年に亡くなった吉田茂元首相も全国追悼式を行った。

安倍氏は7月8日の朝、奈良の街頭で自民党候補の選挙運動中に暴行を受けました。 元首相は、奈良医科大学病院に空輸される前に、すぐに応急処置を受けました。 少なくとも20人の医師が緊急治療室に行きましたが、安倍氏は大量の失血のためにまだ生きていませんでした.

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。