子供たちにマスクを着用させるという日本政府の計画は物議を醸している

発行日:

オミクロンの変種の出現は日本で大きな議論を引き起こしています:何歳からマスクを着用することが義務付けられていますか?

世界のほぼすべての地域、特に米国では、病気の予防に関する規制が緩和され、子供たちに大きな幸せをもたらしていますが、逆に、チェリーブロッサムの土地では、政府は子供たちに対するそのような措置の適用を強化しています。 その理由は、日本が特に激しいエピデミックの第6波に苦しんでいるからです。

東京から、RFI特派員のブルーノ・デュバルは次のように報告しています。

政府は2歳からマスクの着用を課したいと考えています。 ソーシャルメディアに対する強い反対により、政府はこの規制を見直す必要がありました。 最近発行された回覧は、すべての子供にマスクを強制的に着用することを確認していますが、この文書では、マスクが必須である年齢を指定していません。 したがって、2歳児とその両親は批判を心配する必要はありません。

しかし、それはまた、現在、チャイルドケアセンターが2歳未満の子供のためにマスクを要求できることを意味します。 そのような措置は親を分割します。

母親は言った: 残念ながら、幼児用のワクチンがないため、マスクは子供を保護する唯一の方法です。 とにかく、1歳の息子と出かけるたびに、すぐにマスクをかけました。 そうでなければ、彼らは叱責されます。 »»

2番目の母親は言った: 私たちの政治家はとても年をとっているので、気づいていません。 幼い子供のための必須のマスク着用、私たち親はどのように管理できますか?。 »»

別の父親は続けます: 私の場合、マスクは4〜5歳です。 赤ちゃんにマスクを着用させることは予防策ではなく、残忍な行為です。 私は人々がそのような極端な措置に行くのを見るのが怖いです。 »»

世論調査によると、多くの日本人は、ほとんどの人が他の子供ではなく、親や祖父母に感染していることを示す多くの研究が示しているように、子供の間でオミクロンが急速に広まったことで政府を非難しています。 。 さらに、日本人の10人中9人はまだ3回目の投与を受けていません。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。