夫婦は3年に1回離婚した

日本結婚後は家系の名前を共有するというルールがあり、八王子の夫婦は誰も家系の名前を諦めたくなかったため、3年ごとに離婚しなければなりませんでした。

名前のない夫婦はともに32歳で、日本の首都である東京の西にある八王子市の郊外に住んでいます。 二人は大学で出会い、数ヶ月の交際の後に結婚について話し始めました。

しかし、彼女の親しい友人はしばしば彼女の名前のしゃれであるフレンドリーなニックネームで彼女を呼んだので、女の子は結婚式の後に彼女の名前を変えたくないと言いました。 「しかし、女性は通常、夫の名前を変えないのですか?」彼女のボーイフレンドは、議論を引き起こして答えました。

結婚後に名前を変更するという問題により、2人は何度か意見の相違を引き起こしました。 このストーリーラインは、2人が卒業して一緒に働き始めた後、より現実的になりました。 職場で、彼氏は3年ごとに名前を変えたカップルの話を聞いた。 この男は彼のガールフレンドに話しました、そして、2人は同じことをすることに決めました。

夫婦は3年ごとに離婚し、2021年10月11日に東京の八王子に名前を移している。写真: 毎日。

2016年の結婚式の後、2人は、最初の3年間は夫の名前を変更することに同意しました。 その間、妻は外国の会社で働いている間、彼女の元の名前を保持するつもりでしたが、拒否されました。 会社は、セキュリティ上の理由から、IDに正しい名前を使用するように彼に依頼しました。

3年後、夫婦は離婚を申請し、女性の名前で再婚しました。 夫も元の名前を仕事に残したかったのですが、文書に正しい名前を使用する必要がありました。

「彼らはそれが私の名前ではないと私に言った」と夫は言った。

このカップルは、紙の上でさえ、離婚を望んでいません。 2人は家庭裁判所に請願書を提出し、「最初の」結婚中に2回名前を変更する助けを求めましたが、どちらも拒否されました。

夫婦はその後、想田和弘監督(52歳)とその妻、柏木規与子の結婚に関する東京地方裁判所の判決に気づいた。 2人は1997年にニューヨークの法律の下で結婚し、元の名前を保持しました。

2018年、ソーダ監督とその妻は、東京の千代田区役所に2つの別々の名前のプロポーズを提出しましたが、拒否されました。

日本の結婚登録事務所でのカップル。 写真:モットーjp

日本の結婚登録事務所でのカップル。 写真: Currency-jp

東京地方裁判所は、2021年4月に、夫婦が同名の家族に変更されなかった世帯登録簿で、ソーダが法的結婚状況を確認するための最も適切な選択肢は、家庭裁判所への申請であるとの判決を下しました。 。 しかし、東京地方裁判所は依然として日本での結婚を認めた。

ソーダ夫婦の弁護士である竹下博之氏は、「外国で、名前の異なる二人の結婚が認められたのは、これが初めてかもしれない」と語った。 「海外で結婚することが、カップルが合法的に自分の名前を保持する唯一の方法であることは混乱を招きます。」

Tekeshita弁護士は、人々は結婚するときに自分の名前を選択する権利を持つべきだと述べた。 「結婚するときに海外に行くことを選択するカップルが増えると、家族の記録簿に記入する方法について論争が生じるだろう」とテケシタ氏は語った。

2021年4月21日、東京地方裁判所が婚姻状況を決定した後のオンライン記者会見での想田和弘(左)と柏木規与子。写真:マイニチ。

2021年4月21日、東京地方裁判所が婚姻状況を決定した後のオンライン記者会見での想田和弘監督(左)と柏木規与子。写真: 毎日。

シート 毎日 東京で30代の女性が、2021年にパートナーと離婚することを決定し、その後、元の名前を維持するために再婚するためにグアムに旅行したと報告しました。

結婚するために海外に行くことも八王子のカップルによって考慮されたオプションです。 ただし、2人は引き続き離婚手続きを進め、7月に結婚を再登録して、夫の名前を使用するように戻します。 どちらも、生まれつきの名前に忠実に生きることができればと願っています。

日本民法第750条は、夫と妻の両方が結婚後に同じ名前を付けなければならないと述べています。つまり、法律で義務付けられているように、どちらか一方が名前を変更する必要があります。これはほとんどの場合女性です。 異なる国籍の人と結婚する場合にのみ、異なる名前の使用が許可されます。

明治時代(1868-1912)にさかのぼるこの規則は時代遅れであり、今日の社会にはもはや適していない、とますます多くの日本人が考えています。 日本はカップルが同じ名前を持つことを要求する唯一のG7の国ですが、中国や韓国のような他のアジア諸国は、市民が結婚するときに元の名前を使用することを許可しています。

デューク・チュン (によると 毎日/NHK)。

Sonoda Kamiko

「熱心なゾンビファン。邪悪な内向性。ソーシャルメディアのスペシャリスト。筋金入りのトラブルメーカー。コーヒーメイヴン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。