地震が7度を超えた後、日本の恐怖災害が再び起こる可能性がある

マグニチュード7.3の地震が相馬と福島の地域を襲った後、高所まで運転していた男井明子は、11年前の二重の災害を思い出します。

相馬出身の48歳の女性、オガイは昨夜、地面が揺れた後、家を飛び出した。 オガイは、11年前に自宅を襲った同じ地震と津波の繰り返しを恐れて、高台に向かった。

気象庁(JMA)によると、3月16日、福島県沖60kmの深さでマグニチュード7.3の地震が発生した。 地震により4人が死亡し、97人が負傷した。

福島県相馬市の警備員は、「道路脇に駐車していた車が激しく揺れているのを2回見た」と述べた。 日本の東海岸にある宮城県の多賀城市の別の警備員は、2回目の地震が1分近く続いたと言いました。

石巻市の46歳の女性は、地震が発生したとき、「ひどい揺れ」を感じ、家を出て避難したと言いました。 岩沼のサラリーマンは「11年前の地震のように揺れが強かったので、しっかりと立つのは大変だった」と語った。

3月17日、福島県国見町で地震が発生し、家屋が倒壊しました。 写真: 共同通信

宮城県蔵王町市長の村上秀人氏は、「衝撃が強すぎて、家の柱をつかんで立ち上がらなければならなかった」と語った。 「11年前のひどい地震を覚えています。」

その後、日本の当局は、北東海岸地域の一部に1メートルの津波警報を発し、海岸や河口に近づかないように人々に忠告しました。 共同通信は、宮城県石巻市の港湾地域に高さ30cmの波が現れたと報告しています。 津波警報は後に解除されました。

体育館で夜を過ごした男貝と他の8人の家族は避難所になりました。 「一晩中眠れなかったので、食べ物と水を与えられて家に帰ることにしました」と彼女は説明しました。 「家族全員が無事でよかったです。」

北東部の東京都から首都東京まで、日本の多くの地域の人々が震えを感じました。 関西の首都である大阪でも余震が記録されています。

地震は日本北東部と東部で電気をノックアウトし、東京の70万戸を含む220万戸の家に影響を及ぼしました。

東日本旅客鉄道(EJR)は、福島駅から白石蔵王駅までの高速新幹線が約100人の乗客を脱線させたが、負傷者は出なかったと発表した。

目撃者は日本で7を超える力の地震について話します

3月16日の地震で、宮城県仙台市の朝日新聞社が揺れました。 ビデオ: アサヒ

松野博一内閣官房長官は、地震後の緊急会議で、「来週中に」さらに強い地震に見舞われる可能性があると警告し、警戒を呼びかけた。

気象庁の関係者である中村正樹氏は、過去に「来週中に同じ地域に強い地震が発生する可能性は10から20パーセント」あったと述べた。

日本は、東南アジアと環太平洋地域にまたがる地震活動の激しい地域である環太平洋火山帯に位置しており、世界で最も地震が発生しやすい国の1つとなっています。

11年前の2011年3月11日正午、日本の北東海岸でマグニチュード9の地震が発生し、続いて3つの沿岸県と近隣の多くの県を襲った巨大地震により、15,000人が死亡、数千人が行方不明になりました。

地震と津波はまた、福島第一原子力発電所の冷却システムに損害を与え、チェルノブイリ以来世界最悪の原子力危機を引き起こした。

日本は世界でマグニチュード6以上の地震の約20%を記録しているため、構造物が強い余震に耐えられるように厳格な建築基準を施行しています。

デューク・チュン (テオ ジャパンタイムズ、毎日、日経)。

Muramoto Hisoka

「熱心な思想家。アマチュアの読者。どこにでもいる動物の友達。作成者。典型的なウェブ狂信者。音楽のスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。