各国はロシアからガスを購入するためにルーブルの準備金を積み上げる必要があります

高解像度ベクトルグラフィック-ゲッティイメージズ

Promsvyazbankの金融市場分析の責任者であるIlyaIlyinは、RTテレビに、ロシアからガスを購入し続けるには、世界中の国々が間もなく国内ルーブルの埋蔵量を増やす必要があるかもしれないと語った。

「ルーブルでの支払いに移行する場合、パートナー国は支払いを容易にするためにルーブルで一定の準備金を作成する必要があります」とこの専門家はコメントしました。

さらに、イリア・イリンによれば、ロシアの株式は、制裁関連の支払い凍結のリスクに直面して、米ドルやユーロなどの敵対国の通貨の量も削減する必要があります。

したがって、国自体がルーブルを蓄積する必要があります。 「輸出と予算収入が安定しているとき、これはルーブルの黒字につながります。 このお金は、国を支援する目的で送金されるか、一時的に銀行に預けられます」とこの専門家は提案しました。

ロシアのウラジミール・プーチン大統領は5月31日、モスクワが4月1日から天然ガスをはじめとする多くの輸出品の支払いメカニズムを変更すると発表した。 この決定は、ロシアに制裁を課し、モスクワの外貨準備を凍結する国に直ちに影響を及ぼします。

ロイター通信によると、プーチン氏は、「ロシアの天然ガスを購入するには、購入者はロシアの銀行にルーブル口座を開設する必要がある。これらの口座から支払いが行われる。4月1日からガスを購入する」と述べた。 これらの支払いが行われない場合、ロシアはこれを購入者側の過失と見なします。

プーチン大統領が言及した「友好的でない」国には、米国、英国、カナダ、オーストラリア、日本、韓国、スイス、27の欧州連合加盟国、および多数の小国が含まれます。

これに応じて、ドイツとフランスは、欧州諸国がルーブルでガスの代金を支払うというロシアの要求を拒否し、それは契約違反であると主張した。

Toma Masumi

「アマチュアフード忍者。起業家。ハードコアウェブメイヴン。ビール愛好家。受賞歴のあるツイッターの支持者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。