内務省は、人材を引き付けるために 1 億 5000 万の給与を支払うというホーチミン市の提案について話し合った

8 月 5 日の夜、ASEAN および ASEAN+3 の広報担当者会議の結果を発表する記者会見で、PV VietNamNet は人材を引き付けるための給与とボーナスについて尋ねました。

会議中、ASEAN 加盟国からの多くのコメントは、才能を引き付けるために魅力的な報酬およびボーナス システムを確立する必要性に言及しました。 最近、ホーチミン市は、国内外の専門家や科学者を引き付けて都市の発展に貢献するために、1億2000万から1億5000万の上限給与を規定する必要があることが提案されました。 この提案に対する内務省の意見は? 現在、ベトナムの人材誘致政策は、有能な人材を国の公共サービスに引き付けるのに十分なものですか?PV VietNamNet に尋ねた。

給与と収入に関する報酬は、優秀な人材を惹きつけ維持する上で特に重要です。

これに対し、公務員局(内務省)のVu Tuan Ninh局長は、「これは、公務員局と公務員が非常に懸念している問題です」と述べました。 現在、公務員局および公務員局は、内務省の経営陣に人材の誘致および活用戦略に関するスキームを開発するよう助言しており、それを完成および改善するための最終段階に進んでいます。 . 総理大臣に。

公務員局長 (内務省) Nguyen Tuan Ninh

「才能を引き付け、尊重するという観点と政策は、党と国の文書、決議、文書に反映されています…」とニン氏は語った。

ベトナムは現在、グローバル人材競争力指数で 134 か国中 82 位にランクされており、ベトナムはこのグループのこの指数で上位 10 か国の 1 つでもあると、公務員局の局長は述べています。 世界。

2015 年の世界経済フォーラムは、「資本ではなく才能」が 21 世紀のイノベーション、競争力、成長をつなぐ重要な要因になると主張しました。

近年、わが党と国家は、特に科学技術分野において、才能と質の高い人材に対して多くの優遇政策を実施してきました。 一部の省や市では、ホーチミン市のように人材を引き付ける政策を実施していますが、その結果は期待に応えていません。

「8月3日のフォーラムで、シンガポールの広報委員会の委員長は、これは非常に難しい質問だと言いました。 シンガポールのこのコンテンツの実装自体は、期待された結果を達成していません」とニン氏は述べ、実際、このプロジェクトの構築も非常に困難であることがわかりました.

公務・公共問題局長は、内務省は7つの主要な解決策を考え出す必要があり、それぞれに実施すべき特定のタスクがあり、今後、政府、首相がこれを承認することを望んでいると付け加えた.事業。

「人材を引き付けるための戦略に関するプロジェクトを開発するとき、これらのソリューションを同期的に実装する場合にのみ、人材の引き付けが成功する可能性があることがわかります。さらに、政策給与を改革する必要があります。と民間部門の給与政策は、党決議 27 の精神に従って類似しています。そうして初めて、私たちは才能を引き付けて使用することができます」とニン氏は述べました。

党の決議はまた、国から才能を引き付けるための特別なメカニズムと政策が必要であると決定しました。 したがって、この戦略を策定する際、内務省は、今後実装される多くの革新的なソリューションを大胆に提案しました。

「調査・研究の分析を通じて、優秀な人材を惹きつけ、国づくりに尽力してもらうためには、生活条件、労働環境、インセンティブ、給与・所得補償に加えて、人材を惹きつけ、国づくりに尽くすために特に重要な要素となる」才能を維持することです」とニンは言いました。

ホーチミン市には優れた給与支払いメカニズムがあるという提案に関して、給与改革に関する党決議 27 は現在、社会経済開発を促進し、労働者を引き付けるための多くの開かれたメカニズムを提供しています。 規則によると、ホーチミン市は、この問題を検討するために人民評議会に報告し、提案しなければなりません。

多くの公務員を公共部門に派遣しなかった

これとは別に、マスコミはシンガポールの柔軟なスタッフ ローテーションの経験についても尋ねました。スタッフを航空会社や銀行に 2 年間出向させてスキルを習得させた後、基幹業務の公的機関に戻します。

公務員局の局長は、ベトナムは政治制度のローテーションのみを実施していると述べた。 役員の出向は、役員及び公務員に関する法律の規定に基づいて行われます。

ここで、出向職員は、職員を管理する際の機関、組織、およびユニットとして定義されます。出向職員は、出向するタスクと時間枠の要件に従って、最大 3 年間、他の機関、組織、およびユニットで働くようになります。政府によって規定されたセクターおよびエリアの。

出向公務員は、出向先の機関または組織の任務を遵守しなければなりません。

「これを実施するとき、私たちは基本的に国の行政機関に出向していますが、公共部門ではほとんど行われていません」とニン氏は語った。

公務員局の局長によると、シンガポールやオーストラリアなどの友人では、公的と私的のつながりが非常に明確で、非常にうまくいっています。 しかし、今日のベトナムでは、公私の境界線が依然として多くの困難に直面しています。

「最初の問題は、政治体制、特に給与の問題です。 あなたの国では、公務員や公務員の給料と民間部門で働く人の給料はかなり似ています。 したがって、銀行などの民間部門への出向は明らかに難しくありません」とニン氏は分析した。

彼はまた、出向者を派遣する場合、派遣会社は給与と保険料を支払わなければならないと付け加えた. 公務員が民間に出向する場合、給与は必ず公的機関から支払われます。 したがって、それは彼らが民間部門で費やす労働と同等ではありません。

「それは大きな困難でした。私たちは現在、大臣が公務員と公務員に関する政府の規制を改正するのを支援しています。公務員の近代化と同じ方向に進むために最善を尽くしますが、重要な問題は賃金政策改革を実施できなければならない」とニン氏は強調した。

公務員局長はまた、現在、第12回中央委員会の決議27が実施されており、内務省は引き続き実施に注力しているが、特にCovidパンデミックの後、経済的困難もあると述べた。 19.

そのため、最近、厚労省は、給与改革期間を都合のよい時期に延期するよう政府に提出し、中央会議に提出しました。

「この決議 27 の精神に従ってそれを実行できれば、公務員と公務員の管理構造、および公共部門と民間部門の間の調整を改革することが容易になるだろう」と同氏は述べた。 .ニン。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。