元SLNA U21ディフェンダーが日本で事故

ソンラムゲアンのユースチームでプレーしていたトラン・ゴック・ズンは、日本で人気のサッカートーナメントに参加中に脳卒中を患った。

この事件は2023年12月、埼玉県で在日ベトナム人コミュニティが主催するサッカートーナメントの開幕戦中に発生した。 誰にもぶつからなかったにもかかわらず、ズンはフィールドに倒れ込んだ。 その後、彼は主催者によって地元の病院に運ばれた。

医師は、ズンさんが心室細動、つまり心臓が正常に血液を送り出すことができない緊急の心拍リズム障害を患っていると判断した。 心室細動は、心臓の電気信号が中断されると発生し、心腔の調整が不規則になり、突然の心停止につながります。 それ以来、ズンさんは酸素不足による脳損傷も受けた。

ズンさんは危険を逃れて集中治療室におり、人工呼吸器は付けていないが、健康状態は依然として弱っている。 2003 年生まれの選手は目を開けることしかできず、歩くことも話すこともできず、チューブを通して飲食しなければなりません。

病院のベッドに横たわるトラン・ゴック・ズンさん。 写真提供:後援会 SLNA

埼玉県ベトナム人協会は今でも病院にスタッフを常駐させ、ベトナムにいるズンさんの家族のケアと定期的な連絡を行っている。

同病院によると、日本には健康保険がないため、2023年12月の治療費だけで1120万円(20億ドンに相当)かかったという。 2024年1月末までに1600万円に増額する。 そのため、状況が改善すれば、2月10日までにベトナムに送還される予定だ。

SLNAサポーター協会は、チャン・ゴック・ズン氏への支持を訴える活動を開始する予定だ。 元選手やSLNA選手のオー・ヴァン・ホアン、グエン・チョン・ホアンらも、2月4日に予定されているゴック・ズンを支援するための募金を集めるチャリティーマッチを企画した。

トラン・ゴック・ズン、元SLNA U21選手。 写真: Facebook/Tran Ngoc Dung

トラン・ゴック・ズン、元SLNA U21選手。 写真: Facebook/トラン・ゴック・ズン

ゴック・ズンはゲアン州タイホアタウンで生まれ、SLNA ユースフットボールトレーニングセンターに入団しました。 2023年10月、ゴック・ズンとSLNAはPK戦の末にPVFに敗れた後、U21代表で準優勝した。 しかし、足首の怪我が長引いたため、チームのプロとしての要求に応えることができなくなった。 2023年11月中旬、ゴック・ズンはSLNAとの契約を解消し、プロフットボールに別れを告げた。

この若いディフェンダーは伝統的なサッカーに挑戦することを決意しましたが、12月の初めに事故に見舞われました。 父親は2014年に亡くなり、母親には安定した仕事がなく、妹が大学に通っているため、ズン氏が稼ぎ手となっている。

ヒエウ・ルオン


Mukai Mamoru

"Travel nerd. Hard-core beer expert. Web enthusiast. Hipster bacon fanatic."

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です