信じられないほどの契約に署名したことで、タイのコーチは驚きを受け取りました

タイ人コーチは3カ月の契約を終え、1年契約を結ぶ準備を進めている。

記事の内容を聞いてみる

マノ・ポーキング監督の解任後、タイサッカー協会はすぐに日本の石井正忠監督を代表チームのホットシートに任命した。 しかし、石井正忠新監督は当初の予定通り3年契約ではなく、3か月契約しか結ぶことができなかった。

その理由は、タイサッカー協会の現会長であるソミョット・プンプンムアン氏の任期が残り3カ月しか残っていないからだ。 時間の経過とともに、タイサッカー連盟は新しいチームに血を入れ替える予定なので、ソミョット・プンプンムアン氏はあえて残り3カ月だけ責任を負うことになる。

11月28日、石井正忠監督はタイで就任と契約締結の準備を行っていた。 マティション紙は来週にも正式契約が締結されると報じた。 タイサッカー協会も理事会の異動中のため長期契約を結んでいないと明らかにした。



石井正忠監督がタイに視察に来ました

この件について、ソムヨット・プンプンムアン氏は次のように説明した。 「タイ代表チームの監督と3年契約を結ぶというオファーを受けました。しかし、そうなると、任期満了が近づいている会長がなぜそのような長い契約を結ぶのか疑問に思うでしょう。私は期限内に決断しただけです」 「その後、誰かが私の代わりにこの責任を引き継ぎ、長期的にタイ代表チームの責任を担うことになるだろう。 」

2024年2月8日の会長選挙終了後、タイサッカー連盟は石井正忠監督と再度1年契約を結ぶことができる。 これにより、日本のストラテジストは少なくとも2024年のAFFカップ終了までは安心して仕事を遂行できることになる。

近い将来、石井正忠監督は来年1月上旬のタイ代表チームの2023年アジアカップ出場に向けて準備を直ちに開始し、まずは2023年1月1日に日本代表との親善試合を予定している。石井正忠の使命は、2024年のAFFカップ優勝を守ることでもある。

Mukai Mamoru

"Travel nerd. Hard-core beer expert. Web enthusiast. Hipster bacon fanatic."

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です