保守党は安倍晋三首相の後継者を模索している。

日本の首相が健康上の理由で辞任する決意を発表した翌日、今日2020年8月29日、与党自由民主党(LPD)は9月15日から安倍晋三氏の後継者選びを急いでいる。 共同通信によると、日本のメディアは選ばれる可能性が最も高い5人のキャラクターを挙げた。

発行日:

第二次世界大戦後、日本の政治においてほぼ継続的に政権を握ってきた保守政党は、ほぼ8年間にわたる安倍晋三政権と何ら変わらない一貫した政治政策を常に維持してきた。

東京のRFI特派員、 フレデリック・チャールズは次のようにコメントしています。

日本の政治は氏族によってカバーされているガバナンス 所属する 保守派。 安倍晋三の祖父と叔父はともに首相だった。 このような王朝が日本を統治し、党首を選出し、政権に就くと首相は皆同様の政治政策を掲げる。 彼らは全員、米国との同盟維持を支持するネオコンだ。

安倍晋三氏の後継候補者たちに違いがあるとすれば、それはそれぞれの個性にある。 元大臣の石破茂氏はタカ派とみなされている。 そしてジョージタウン大学卒業生の河野太郎現防衛大臣はおそらく改革派だろう。

2006年から2007年まで首相を務めた菅義偉氏も、現財務大臣の麻生太郎氏と同様に有能であると考えられる。 岸田文雄外務大臣については、臆病でカリスマ性に欠けるとの批判が多かった。

保守党は党首を選出した後、議会の過半数に基づいてその人物を首相に任命します。 安倍晋三氏としては、日本での8年間の政権在任中に蓄積された汚職スキャンダルによる裁判の可能性から後継者が確実に自分を守ってもらいたいと考えている。

Kubota Kyo

「ハードコアビール狂信者。ウェブファン。邪悪なアナリスト。極端なトラブルメーカー。Twitterスペシャリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です